人気ブログランキングへ

2017年03月03日

大井川鐵道『夜桜列車』、3月31日、4月1日!今年はSLけん引

大井川鐵道は3月31日と4月1日の計2日間、大井川本線の新金谷〜家山間(静岡県島田市)で
『夜桜列車』を運行します。サクラの名所として知られる家山の夜桜を楽しむための列車。
今回は蒸気機関車がけん引します。

発表によると、運行時刻は新金谷18時00分発〜家山18時28分着・20時14分発〜新金谷20時44分着。
列車の編成は蒸気機関車・旧型客車・お座敷車(2両)・展望車・電気機関車で構成され、往路は
蒸気機関車がけん引。復路はE10形電気機関車がけん引します。

大井川鐵道は「夜は花冷え」になるとし、蒸気機関車から供給される蒸気を使った
「蒸気暖房」で車内を暖めるといいます。

募集人数は各日150人で、旅行代金は大人5500円(展望車は6000円)・子供3800円。
缶ビールなどの飲み物とおつまみが付きます。
申込みは大鉄観光サービスの本社営業所で受け付けます。

大井川鐵道の『夜桜列車』は2016年3月に初めて運行。
このときは電気機関車が旧型客車1両とお座敷車2両、展望車1両をけん引しました。


posted by ショコラ at 20:44| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ロケ地巡りの旅「僕とスターの99日」群馬・高山村に「不思議なモニュメント」!

榛名山や谷川岳、天気の良い日には富士山も望める高台にある「県立ぐんま天文台」(群馬県高山村)は
平成11年に開館しました。日本人初の女性宇宙飛行士、向井千秋さん(同県館林市出身)が
宇宙に飛び立ったことや、県人口が200万人を超えたことなどを記念し、宇宙への関心を
継続的に持ってもらおうと設立。

天体観測の体験や、小中学生始め一般向けにも星や望遠鏡など観測器具への理解を深める教育を行い、
年約3万人に利用されています。

この天文台が、23年放送のフジテレビ系連続ドラマ「僕とスターの99日」に登場します。
天体観測が趣味の並木公平(西島秀俊さん)が就職希望先として訪れます。
直径11メートルの観測用ドーム内のほか、天文台屋外に設置されたモニュメントでも
撮影が行われました。

モニュメントは開館当時からあり、18世紀のインドの天体観測施設「ジャンタル・マンタル」を
再現したものと、英国の古代遺跡「ストーンヘンジ」を似せたものがあります。
人類が昔から宇宙に興味、関心を示していた象徴として設置し、実際にこのモニュメントで、
太陽や惑星の位置が測れます。

青々とした芝生に、アート作品のようなオブジェがたたずむ光景は、
「どこか日本離れした雰囲気で、戦隊モノでは結構人気」
と職員の男性は話しています。

東京からのアクセスも良く、
「仮面ライダー剣」や北野武さん監督の映画「監督・ばんざい」にも使われました。
職員は
「映画やドラマがきっかけで訪れる人もいる。リピーターが増えてほしいですね」
と話しています。

天文台は、駐車場から本館まで徒歩15分ほどかかります。
車のライトや排ガスは観測に禁物で、昼間に吸収した熱を夜に放出してしまわないよう、
本館周辺のアスファルト面も少なくなっているといいます。

悪天候はもちろん、気流の乱れも好ましくない天体観測。星の観測は繊細です。

「僕とスターの99日」のあらすじは、警備会社で20年間アルバイトを続けている並木航平は
望遠鏡で天体観測をすることだけが楽しみの独身男。韓国から来日したトップスターの女優、
ユナにも全く関心はなかったが、ひょんなことからボディーガードをすることに。
契約期間はユナの日本滞在期間の99日間。出会うはずのなかった2人の秘密の恋が始まる−。
フジテレビで平成23年10月〜12月に放送されたドラマ。西島秀俊さんとキム・テヒのダブル主演。

アクセス方法は、群馬県高山村中山6860の86。
車だと、関越自動車道渋川伊香保ICより草津方面へ約25分。
電車では、JR上越新幹線上毛高原駅からタクシーで約25分。

入館料は大人300円、大学生・高校生200円、中学生以下無料。
開館時間は夏季(3月〜10月)が午前10時〜午後5時、同7時〜同10時。
冬季(11月〜2月)は午前10〜午後4時、同6時〜同9時。月曜休館。



 
posted by ショコラ at 09:40| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

旨い酒に、美しい風景!岐阜県恵那市で「枡酒列車」運行中!

岐阜県恵那市の明知鉄道では、地元の名産品としても有名な恵那市の地酒「女城主」が楽しめる
「枡酒列車」を毎週土曜日に運行しています。
期間は2017年3月25日(土)まで。

今年で5回目を迎え、年々リピーターが増えている「枡酒列車」はこの時期だけの人気企画。
地元人気店の料理に舌鼓を打ちながら、解禁されたばかりの新酒を含めた4種類の
「女城主」を飲み放題で味わえます。

もちろん、車窓からの美しい風景も見逃せません!
緑が広がるのどかな大自然を眺めながら酒を呑み、和気あいあいと会話を楽しめば、
普段の生活とは違った時間を過ごせます。

「枡酒列車」の乗車券(当日有効、乗降自由)はオリジナルデザインの木枡で、風情たっぷりの
土産として持ち帰ることもできます。
地酒の飲み放題と料理、木枡、運賃をすべて含んで、料金は1人4500円。

「枡酒列車」は、乗車5日前の15:00までに要予約。
毎年満席で運行している人気観光列車なので、早めに予約をしましょう!

■明知鉄道「枡酒列車」
期間:2017年1月21日〜3月25日(土)の毎週土曜
時間:恵那駅発12:40(急行大正ロマン号)〜明智駅着13:33※2017年3月4日からダイヤ改正あり
料金:4500円(1日フリー乗車券として運賃込み)
定員:各日30名
予約:乗車日5日前までに下記電話番号より要予約。
問い合わせ:0570-54-4104 (明知鉄道)



 
posted by ショコラ at 22:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

黒部峡谷の紅葉が見頃に!

黒部ダム建設までの苦闘を描いた映画「黒部の太陽」で知られる富山県の秘境「黒部峡谷」で、
紅葉が見頃を迎えています。地元観光局によると、紅葉の見頃は11月中旬までだそうです。
お出かけしてみるのもいいですね。

            shokoranet-3096.jpg






posted by ショコラ at 20:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

各駅停車で385km、8時間21分「日本一長い鈍行」!もう乗れない可能性

現在、普通列車の多くは運行区間がそれほど長くなく、したがって運行時間も短いですが、
全国には、新幹線や特急列車に匹敵するほどの長い距離、また長い時間、走る普通列車も
存在します。

2016年10月現在、走行距離がもっとも長い定期普通列車は、山陽本線の岡山駅から
下関駅(山口県下関市)まで走る「369M列車」です。
岡山駅を16時17分に出発し、福山、広島、新山口など途中の82駅すべてに停車。
終点の下関駅へは23時50分に到着します。
移動距離384.7km、所要時間7時間33分です。
ちなみに東京駅から在来線で西に向かうと、名古屋駅までで366.0kmあります。

山陽新幹線で369Mと同じくらいの時刻、16時12分に岡山駅を出発すると、下関駅から
在来線で2駅先にある北九州市の小倉駅へ、早くも17時43分に到着できます。

369Mに岡山駅から下関駅まで乗ると、運賃は6260円。
普通列車が1日乗り放題の「青春18きっぷ」は1日(回)あたり2370円(2016年夏現在)ですから、
この列車1本を乗り通すだけで元が取れてしまう計算です(「青春18きっぷ」は1日(回)分
だけの購入は不可)。

乗車は長時間に及びますが、途中の徳山駅(山口県周南市)では33分間停車
(21時27分着、22時00分発)。腰を伸ばしたり、気分転換をしたり、遅い夕食を
調達したりといったことはできそうです。

運行時間がもっとも長い定期普通列車は、根室本線の滝川駅(北海道滝川市)から
釧路駅(同・釧路市)まで走る「2427D列車」です。

現在のダイヤは、滝川駅を午前9時40分に出発し、富良野駅や新得駅を経由。
帯広駅で札幌発釧路行きの特急「スーパーおおぞら5号」に抜かされたのち、さらに東へ進み、
終点の釧路駅には18時01分に到着します。
移動距離308.4km、所要時間8時間21分、乗り通した場合の運賃は5720円です。

列車の側面には通常、その行先などが掲示されますが、この2427Dの場合、
行先である「釧路」の下に「日本一運行時間の長〜〜い定期普通列車」と書かれた
特別仕様の表示が行われています。

しかしこの列車、現在は所定のダイヤどおりに運転されていません。
今年8月以降に相次いだ台風被害により、2427Dが通る根室本線の
東鹿越〜新得間41.5kmが不通になっているからです。

JR北海道はその区間の復旧工事について「着手は早くとも来春以降」としていますが、
一方で、不通区間を含む富良野〜新得間81.7kmは廃止する方針との報道もあります。
そのためもしかすると、この「日本一運行時間の長〜〜い定期普通列車2427D」、
もう乗ることはできないかもしれません。


posted by ショコラ at 13:44| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

3日間限定「幻想庭園」!長崎の紅葉スポットに登場!

2016年9月30日(金)より、長崎県屈指の紅葉スポット「三十路苑」(長崎県雲仙市)にて、
3日間限定の雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」がスタートします。
夜景評論家の丸々もとお氏が手がける本イベントは、10月から12月に行われるJRグループの
「ディスティネーションキャンペーン」に合わせて開催されるもの。

小浜温泉と雲仙温泉の間に位置する「三十路苑」は紅葉の名所として名高い庭園。
約8000坪の敷地に広がる鮮やかな紅葉は、思わず息をのむ美しさ。
もとは近くにある「六兵衛茶屋」の経営者が、自宅の裏山にもみじを植えたのが始まり。
30年の月日をかけて県内屈指の紅葉名所が作り上げられました。

庭園内の随所にLEDフルカラー投光器やプロジェクターを設置。
広大な敷地が光のプログラムによって“極色彩”の世界に包まれ、ひと味違う紅葉狩りが楽しめます。
またメインエリアでは日本の四季をテーマにした音と光のライトアップショーも展開。
プロジェクターの映像と音響の演出が加わった、幻想的なショーを目に焼き付けましょう。

わずか3日間限定の雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」。
美しく染まったもみじが織りなす“絶世の美夜景”をお見逃しなく。

■雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」
日時:2016年9月30日(金)〜10月2日(日)、
   18:30〜21:30(最終入園21:00)
会場:三十路苑
住所:長崎県雲仙市小浜町南木指
料金:入場料1000円

※近畿日本ツーリストのメイトプランにて雲仙温泉宿泊者は無料、詳しくは販売店にて問い合わせ
※雲仙の宿泊施設からは送迎バスが運行


 
posted by ショコラ at 06:06| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

今、大好評の”レストランバス”限定2週間で東京に!7/6予約受付開始!

WILLER CORPORATION(ウィラーコーポレーション)とumariは、2016年4月より
新潟で運行を開始し、大きな反響の日本初オープントップの2階建てレストランバスの
運行を8月13日(土)より東京で開始し、7月6日よりWILLER TRAVELサイトにて、
商品の販売を開始。サイトではCM動画が公開されています。

レストランバスは多くの旅行者にとって旅先の楽しみの一つである、地方ごとの「食」を
広く発信するため運行を開始。日本の地域の食の魅力をもっともっと多くの人に
知ってもらいたいという想いから、今回は第一弾の新潟で提供していた「新潟ならではの食」を、
東京で楽しめるコースを用意し、食を通じて新潟の魅力を知ることができます。

このプランは、東京駅からスタートし、銀座、豊洲、お台場、レインボーブリッジなど
東京の観光名所を周遊し、オープントップの2階建てバスできれいな景色を見ながら、
日本の地方ならではの食材で美味しいビールを飲むという他にはないレストランバスだけの
体験を提供。

また運行開始以来、レストランバスは多くの地方自治体や、一般企業の方より問い合わせが
入っています。レストランバスを活用したいと希望されている地方自治体、一般企業の方に
向けて8月24日、25日にレストランバスの活用に関する説明会の開催を予定しています。

【レストランバス商品概要】
・予約URL:http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/top.php
・催行日:8月13日(土)〜8月28日(日)
・コース内容:
 ハッピーアワーコース
  15:00発〜16:30着 大人4,800円、小人2,800円 
 サンセットコース
  17:30発〜19:00着 大人4,800円、小人2,800円 
 ナイトクルーズコース
  19:45発〜21:15着 大人4,800円、小人2,800円 
・運行ルート(3コース共通)
 平日:東京駅鍛冶橋⇒銀座⇒お台場海浜公園⇒レインボーブリッジ⇒東京タワー周辺⇒東京駅鍛冶橋
 土日:東京駅鍛冶橋⇒豊洲⇒お台場海浜公園⇒レインボーブリッジ⇒東京タワー周辺⇒東京駅鍛冶橋

【レストランバス活用についての説明会】
・日時、内容
 8月24日 13:00〜 レストランバス活用に関する説明会 
     15:00〜16:30 レストランバス東京コース体験
     ※定員になり次第締め切り、参加費用は別途必要となります
 8月25日 15:00〜16:30 レストランバス東京コース体験
     ※定員になり次第締め切り、参加費用は別途必要となります
・対象:全国地方自治体、一般企業の方
・説明会に関する問い合わせ先:
 WILLER CORPORATION株式会社 担当:舩曳、清家
 メール:restaurantbus@willer.co.jp TEL:050-5810-1852


  
posted by ショコラ at 12:39| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB