人気ブログランキングへ

2018年02月19日

“金”羽生に破格の契約CM1億円オファーも!“銀”宇野にも殺到

平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦(23)と、
初五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)にCMの契約オファーが殺到しています。

メダル獲得以降、メディアに出ずっぱりといっても過言ではない2人には広告業界も熱視線。
ともに五輪のスポンサー企業を中心に10〜20社がオファーしているよう。

特に羽生は着用してきた衣装の色合いが「お菓子っぽい」と話題を呼んだことを受け、
クッキーやチョコレートなど食品業界が注目。アスリートが“顔”になると好感度が
増すことからスポーツドリンクなどの飲料業界も高い関心を示しています。

複数の広告代理店関係者によると、主演クラスの役者でCMの契約料は
1本3000万〜6000万円。世界的に著名なアスリートになると、さらに上がります。
契約の形も名前や写真を貸すだけのものから本人が稼働するものまで多種多様で、
どの選手も競技の妨げにならない形を条件に契約を結ぶといいます。

羽生はこれまでロッテやP&Gなど多数のCMに出演。
関係者は
「ソチ五輪の金メダリストで、もともとの契約ベースがトップクラス。2つ目の金メダルを獲得した
 上に現役続行を表明したことで、市場価値はさらに上がる。契約次第で1億円はくだらない」。
宇野については
「羽生選手の次世代を担うホープで将来性がある。ファンが多い上に銀メダルを取って話題性や
 注目度も高くなったが、羽生選手ほど契約金は高くない。手を挙げる企業は多いのでは」
と分析されています。

銀盤の貴公子たちの新たな争奪戦に注目です。


 
posted by ショコラ at 12:40| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生金、宇野銀の男子フリー中継、涙の抱擁で瞬間最高46.0%の高視聴率!

フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=が金メダルを獲得した17日の
平昌五輪フィギュアスケート男子フリーのNHK総合での生中継(後0時15分)の
平均視聴率が33・9%を記録しました。

瞬間最高視聴率は試合終了直後の午後2時10分、金メダルが決まった羽生が泣きながら
ブライアン・コーサー・コーチ、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)、
銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=らと抱き合う場面で46・0%をマークしました。

なお、16日にTBS系で生中継された男子ショートプログラム(前9時半)の
平均視聴率は13・2%。瞬間最高視聴率は午後2時12分、宇野の演技が終わって
スローVTRが流れ、得点が出るまでの場面で27・6%をマークしました。

冬季五輪のフィギュアスケート中継では荒川静香さんが金メダルを獲得した2006年トリノ五輪
女子フリー中継は、平均31・8%、瞬間最高43・1%を記録。
浅田真央さんが銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪女子フリー中継は平均36・3%、
瞬間最高46・2%。羽生が金メダルを獲得した14年ソチ五輪の男子フリー中継は
平均16・6%、瞬間最高23・1%でした。

昨年11月のNHK杯前日練習で右足首を負傷した羽生は、故障の影響を感じさせない滑りで
SP首位発進。フリーは206・17点で2位となり、合計317・85点で
ディック・バトン(米国)以来66年ぶりの連覇を達成しました。

初出場の宇野は合計306・90点で銀メダル。
冬季五輪では表彰台を独占した1972年札幌大会スキージャンプ70メートル級
(笠谷幸生、金野昭次、青地清二)以来2度目の日本勢ワンツーフィニッシュとなりました。
(数字はビデオリーチ調べ、関東地区)


 
posted by ショコラ at 12:31| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦、ゆかりの「弓弦羽(ゆづるは)神社」参拝客20倍!韓国からのファンも

平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦(23)が2大会連続の金メダルを
獲得してから一夜明けた18日、羽生の「結弦(ゆづる)」という名前に似ていることから
聖地となった「弓弦羽(ゆづるは)神社」(神戸市)は金メダルの願いがかなった御礼に来る
参拝者でにぎわいました。

沢田政泰・宮司(64)によると
「昨日の金メダル決定直後から続々とお参りに来られ、今日も通常の10〜20倍の人出」
と大忙し。この日だけで約150枚の絵馬が奉納され、韓国から訪れたファンの姿もありました。

フリーで使用した映画「陰陽師」の劇中曲「SEIMEI」にちなみ、安倍晴明ゆかりの神社にも
ファンが集まりました。東京都葛飾区の熊野神社に飾られた絵馬には
「金メダルおめでとう」「晴明さまありがとう」
と感謝の言葉がつづられたものもありました。

約1000年前に晴明が創建した神社。
16年の世界選手権前にファンが必勝祈願に訪れたことがきっかけで、羽生ファンの間で
口コミで広がりました。
千島俊司・宮司(44)は
「普段よりも多くの方に来ていただいてます。私も演技に感動いたしました」
と語りました。


 
posted by ショコラ at 12:22| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦、一夜明け会見で「モチベーションは4回転アクセルだけ」!

平昌五輪第10日(18日、平昌)フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=が、
66年ぶりの連覇を飾ったフリーから一夜明けて記者会見を行い、現役続行を明言しました。
まだ成功者のいない最高難度のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への挑戦を
今後の目標に掲げました。

右足首の負傷から鮮やかな復活劇を見せた絶対王者は
「スケートをやめる気はない。もうちょっとだけ人生をスケートにかけたい」
と、競技を続ける方針を示しました。

4種類の4回転ジャンプを跳ぶ羽生の新たな目標は前人未到の大技を成功させること。
「モチベーションは4回転アクセルだけ。やるべきことはやった。取るべきものは取った」。
穏やかな笑顔が絶えなかった会見で、強い決意をにじませました。

会見の最後は、自分のこれからについて率直な思いを語って締めました。
「こうやって、スケート滑れて本当に幸せです。五輪マークがあって。こんなにたくさんの方々に
 応援してもらえて。ほんとのほんとの気持ちは、嫌われたくない、って、すごい思うし。
 いろんな方に見られれば見られるほど、いろんなことをしゃべればしゃべるほど嫌われるし、
 いろんなこと書かれるし、うそみたいな記事がたぶんこれからもっともっと出てくるんだろうなって
 思います。ただ、僕がしゃべったこと、僕が作ってきた歴史は、何一つ変わらない。
 自分の中で、今回は誇りをもって五輪の金メダリストになれた。これからの人生、
 五輪の金メダリストとしてまっとうしたいと思います」。


  
posted by ショコラ at 06:21| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

羽生結弦、快挙から一夜明け「幸せな時間」!「宇野は弟分というよりワンコ、かわいい」

平昌五輪男子フィギュアで、日本フィギュア界史上初のワンツーフィニッシュを飾った
羽生結弦(23=ANA)と宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が快挙から一夜明けた18日、
テレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)にそろって生出演しました。

羽生は
「無事にワンツーという一番素晴らしい結果を残せた」
と満足の表情。朝早くからの出演で眠そうな表情も見せましたが、
「夜通しいろいろとメディアに対応しなきゃいけなかったり。でも、これは勝者にしか
 与えられない義務だと思っている。幸せな時間だと思っています」
と喜びをかみしめつつ、
「自分の演技もまだしっかり見れていなかったりしていて」
と苦笑いを浮かべていました。

昨年11月に右足首のじん帯を損傷し、腱と骨に炎症も見つかる大けがを乗り越えての金メダル。
当時を振り返り、
「(ケガは)歩けなかったです。まず足首が動かなくて・・・。痛み止めを飲んでも打っても
 どうしようもなかった。骨折のほうが楽だった」
と羽生。

リハビリ中、指導を受けるブライアン・オーサーコーチ(56)がメディアに対し、
「羽生を甘く見てはいけない」
と発言したことには
「彼が勝手に言ったとしか・・・全く関与してなくて。むしろ練習の中で焦っている時期でも
 あったので、ある意味、その言葉に何とか近づかなくてはと、さらに焦らせられた」
と笑っていました。

表彰式でも、羽生と宇野はまるで兄弟のように仲良くする姿が見られました。
宇野が
「(羽生には)いろんなところで面倒を見ていただいて、ありがたいのと、申し訳ない気持ちもある」
と恐縮すると、羽生は
「弟分というよりはもワンコに近い。本当にかわいい。ペットじゃないんですけど、
 全然支配もしていないし、むしろ自由なんですけど」
とまさかの言葉。

それでも
「本当に一生懸命やっている姿を小さい頃からずっと僕も知っているので、
 真面目にやってきた分、結果が出ているのは本当に素晴らしいことだなと思います」
と称えました。


 
posted by ショコラ at 11:38| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔の羽生結弦・緊張の宇野昌磨、メダル授与!

平昌五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子でこの種目66年ぶりの連覇を達成した
羽生結弦(ANA)と、2位に入った宇野昌磨(トヨタ自動車)に、同日午後7時半過ぎに、
メダルが授与されました。

2人は手を振りながら、3位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)とともに登場。
宇野はメダルを受け取るにあたり軽く頭を下げ、やや緊張気味。
一方、羽生は表彰台に飛び乗ると、右手を大きく振り、2大会連続の金メダルの喜びを表しました。

羽生は「君が代」を聞き終わると、満足そうな笑顔をみせていました。


 
posted by ショコラ at 11:30| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

羽生結弦、涙!66年ぶり五輪連覇、ソチ五輪から五輪史に伝説刻んだ!

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の
羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。
1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりの連覇を達成。
オリンピック史に伝説を打ち立てました。

今大会の日本勢金メダル第1号となりました。
宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得し、日本フィギュア史上初のダブル表彰台と
なりました。銅メダルはハビエル・フェルナンデス(スペイン)。

五輪シーズンに再演を決断した映画「陰陽師」の「SEIMEI」に乗せ、魂の滑りを見せました。
大歓声に送られ、リンクに立った羽生。
冒頭の4回転サルコーを決めると、続く4回転トーループ、3回転フリップも着氷。
後半も4回転サルコー―3回転トーループを決め、4回転トーループ、3回転ループこそ
バランスを崩しましたが、痛めていたはずの右足で必死に耐えました。

滑り終えると、右手を掲げ、会心の笑みを見せました。
そして、最後は何度も何度も雄叫びを上げ、感情を爆発させていました。
思いを抑えることができなかった羽生。
最終演技者の宇野が2位に入り、金メダルが確定すると、採点を待っていた羽生の目から
涙がこぼれ落ちました。

苦しみを乗り越え、頂点を守り抜きました。
昨年11月のGPシリーズNHK杯前日練習でジャンプに着氷した際に転倒。
右足首の靱帯を痛め、戦列を離れました。
故障直後には世界のスケーターにエールの輪が広がり、SNS上で続々と声が上がっていました。
以来、公の場から姿を消し、リハビリに専念。
GPファイナル、全日本選手権を回避し、今大会も団体戦も出場せず、すべてを連覇に捧げてきました。

11日に現地入りした際には、空港で複数の警備員に取り囲まれ、まるで国賓のような待遇が
話題を呼びました。それも1952年にバトン氏が達成して以来、半世紀をゆうに超える快挙を
目指す王者の注目度の高さの裏返しでした。

118日ぶりにぶっつけで挑んだ前日のSPでは111.68点をマーク。
感動の復活劇を演じ、世界に「君は神様からの贈り物だ」などと称賛の嵐を
巻き起こしていました。

19歳だったソチ五輪で金メダルを獲得した2014年2月14日。
あれから4年、1464日の時を経て、幾多の苦難を乗り越え、強くなった23歳はこの日、
伝説になりました。おめでとう!!!

 
posted by ショコラ at 16:32| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB