人気ブログランキングへ

2018年06月22日

高橋一生、久本雅美にバックハグ!「メレンゲの気持ち」美術館デートに招待

俳優の高橋一生さんが30日放送の日本テレビ系バラエティー番組
「メレンゲの気持ち」(毎週土曜12時〜)に出演。
翌月9日に久本雅美さんが還暦を迎えることを祝して、高橋さんが
美術館デートに招待。そのロケの模様が放送されます。

舞台となったのは、国立新美術館にて開催中の
「ルーヴル美術館展 肖像芸術−人は人をどう表現してきたか」。

同美術展のオフィシャルサポーターを務める高橋さんが久本さんをエスコート。
ルーヴル全8部門が総力を結集し、各部門を代表する肖像の傑作およそ110点を
一挙に堪能できる極めて貴重な機会ということもあって、久本さんは
「デートの憧れの場所…映画館、水族館、そして美術館!」
と感激しきり。
 
27年ぶりに来日した、ルーヴルが誇るルネサンスの肖像画の至宝「美しきナーニ」や、
アントワーヌ=ジャン・グロの傑作「アルコレ橋のボナパルト」をはじめとする
ナポレオンの肖像5点など、みどころを二人で巡りました。

ロケの後半は、館内にあるレストラン「ブラッスリー ポール ボキューズ ミュゼ」に
場所を移し「一生の顔しか目に入らない」とデート気分を満喫しながらオシャレにランチ。
最後に、久本さんから
「ハグしてもらいたい」
と高橋さんにおねだりすると、高橋さんは
「いつもありがとう」
と優しくバックハグしました。



 
posted by ショコラ at 07:03| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

福士蒼汰主演「旅猫リポート」に広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉出演!

福士蒼汰さんが主演を務める「旅猫リポート」の追加キャストが発表。
広瀬アリスさん、大野拓朗さん、山本涼介さん、前野朋哉さんが出演します。

有川浩氏の小説を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎が
映画化した本作は、福士さん演じる主人公・悟が、愛猫ナナの新しい飼い主を
探して旅するロードムービー。
ナナの心の声を高畑充希さんが担当し、悟の叔母・法子を竹内結子さんが演じました。

広瀬さんと大野さんが演じたのは、悟の高校時代の同級生である千佳子と杉修介。
千佳子は悟の初恋相手であり、修介は尻に敷かれながらも彼女を支えるよき夫。

山本さんは、悟の旧友で現在は実家の写真館で働いている澤田幸介役で出演。
前野さんは悟の中学生時代の友人・吉峯大吾を演じます。
澤田と吉峯は、それぞれナナの新しい飼い主候補として登場します。

広瀬さんは
「台本を読んで泣くって事はあまりないのですが、ポロポロと・・・・ペットを
 飼っているので絆、そして人と人との繋がり、全てが温かく、そんな作品に
 参加させていただけてとても光栄でした」
と語り、大野さんは
「広瀬アリスと僕のやり取りにキュンとなって、懐かしい感覚に浸って欲しいです。
 多くの人が、青春時代に経験した『初恋』と重なって、甘酸っぱさで
 胸がキューってなるかな」
と本作をアピール。

山本さんは
「台本を読んだだけで、こんなにも涙がこぼれる作品は初めてでした」、
前野さんは
「僕は短い期間での撮影でしたが、猫のナナが現場での
 ムードメーカーになってくれて助かりました」
とコメントしています。

「旅猫リポート」は10月26日より全国で公開。
なおナナの顔と後ろ姿がデザインされたスペシャル猫帯付き原作本の
発売も決定しました。
7月から全国の書店にて展開される予定です。



 
posted by ショコラ at 07:13| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤健、久々登場「半分、青い。」鈴愛と別れから5年、律は京大大学院に、恋人・清は?

女優の永野芽郁さん(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説
「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の第69話が20日に放送され、
俳優の佐藤健さん(29)演じる“運命”の幼なじみ・律のその後が明らかになりました。

鈴愛(永野さん)が漫画家デビューしてから3年が経ち、1995年。
10代最後の夏に別れた(第61話、11日)2人は24歳になりました。

律は西北大学理工学部・宇佐川教授(塚本晋也さん)の下、ロボットの開発をスタート。
宇佐川教授が京都大学に移ったのに伴い、京大大学院に進学しました。

鈴愛の漫画「一瞬に咲け」を「結構おもしろいですよ」と宇佐川教授に勧めるなど、
律は離れた後も鈴愛を気に掛けていました。
鈴愛と別れる原因になった恋人・清(さや)(古畑星夏さん)の描写はありませんでした。

番組公式サイトの今週第12週(18〜23日)の予告編動画には、
駅の反対側のホームに律の姿を見つけた鈴愛が「律!」と叫ぶ場面があります。
2人は再会を果たすのでしょうか?



 
posted by ショコラ at 06:57| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

アニメ「3D彼女」第2シーズン放送決定!那波マオ「引き続きお付き合い頂ければ」

那波マオさん原作によるテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」
第2シーズンの放送が決定しました。

これは6月19日26時9分よりオンエアされた、「3D彼女 リアルガール」
最終話の放送終了後に伝えられたもの。第2シーズンは、2019年1月より
日本テレビ「AnichU」枠にて放送予定です。

第2シーズンの放送決定を受け、那波さんは
「この物語は最後が大事だと思っていましたので、第2シーズン決定になり
 嬉しいです。第1シーズンのアニメを観て下さった皆様に、引き続き
 お付き合い頂ければ幸いです」
とコメント。またお祝いのイラストも到着しました。

「3D彼女 リアルガール」はリア充な美少女・五十嵐色葉とオタク男子の
つっつんこと筒井光の関係を描く不器用なラブストーリー。
なお9月14日には中条あやみさんと佐野勇斗さん(M!LK)による
実写映画も公開を控えています。

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第2シーズン
2019年1月期日本テレビ「AnichU」枠にて放送です。



  
posted by ショコラ at 12:36| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに松田翔太登場!『花のち晴れ』最終回は最高のエンディングな予感!

民放の連続ドラマは全10話というのがすっかり主流となっている中で、この火曜ドラマ
『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)は11話まで作られます。

昨年1年間の民放プライムタイムドラマで11話まで作られたのは10月クールの『コウノドリ』
(TBS系)のみで、その前は一昨年10月クールの『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。

しかも放送時間の枠も通常のドラマよりも13分長い67分枠。
その中に基本的なストーリーから若手注目俳優たちのアンサンブル、さらには
『花男』ファンに向けたサービスまで緩むことなく詰め込まれているのだから、
『花男』シリーズの強さを改めて感じてしまいます。

閑話休題、6月19日に放送された第10話は、いわば最終回のための
準備運動といったところでしょう。音(杉咲花さん)を賭けた決闘をすることになった
晴(平野紫耀さん)と天馬( 中川大志さん)。

あらゆる武道で高校生チャンピオンの天馬に挑むという無謀な戦いにもかかわらず、
晴は“C5”の仲間たちの力を借りて、必死でトレーニングを重ねていきます。

晴は音への気持ちを包み隠さずにメグリン(飯豊まりえさん)に正直に決闘のことを
打ち明け、天馬も時には晴を挑発しながら音への想いを貫いていきます。

またメグリンも晴が負ければ音への気持ちを断ち切るということに、まだチャンスがあると
ポジティブに捉えて待つ覚悟を決めます。そんな中で、これまでもどっち付かずで
ウジウジしていた音の優柔さがさらに浮き彫りになり、晴派も天馬派も苛立ちが
増していくばかりでしょう。

先週のクライマックスで、晴からバックハグをされたことに少し心が揺らいだ音。
ずっと晴に想いを寄せていながらも身を引いた愛莉(今田美桜さん)さえもが
すっかり音の態度に嫌気が差しはじめたかのようにメグリンに寝返ってしまうし、
挙句に(晴と天馬が音をめぐって決闘すると知らなかったにしても)メグリンに
「好きな人に応援されたら嬉しいと思う」
と鈍感な発言を繰り出し
「それ音が言う?」
と正論を言われる始末。
このままだと、ドラマが最終回を迎えても音の決断力の危うさに不安が残ってしまいそう。

さて、今回のエピソードは何と言っても“F4”が誇る女たらし、西門総二郎(松田翔太さん)の登場。
晴に弓道を教えるために現れた西門は
「類が言っていた通りだ」
と、第3話にサプライズ登場した花沢類(小栗旬さん)の名前を挙げ、相変わらず
ハーレーダビッドソンのバイクに跨り美作あきら(阿部力さん)に電話。

晴が英徳のためではなく惚れた女のために決闘するということにほくそ笑んだ西門は、
偶然弓道場に天馬と訪れた音と晴を穏やかな表情で見つめ、音に
「歴史は繰り返されるなあ」
とつぶやきます。

これはまさに、道明寺とつくしのことに他なりません。
これはもう最終回にホログラムでも回想でもない道明寺(松本潤さん)が登場することは
間違いなしと考えてもいいのではないでしょうか。
そして願わくば、つくし(井上真央さん)も登場して『花男』ファンにとって
最高のエンディングとなることに期待したいです。



  
posted by ショコラ at 07:13| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹内涼真「一番キツかった」、二宮和也主演「ブラックペアン」オールアップ!

嵐の二宮和也さんが主演を務めるTBSの日曜劇場「ブラックペアン」が
オールアップ。その様子を伝えるレポートが到着しました。

海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」をもとにした本作は、
手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を主人公とする医療ドラマ。
傲慢な性格から通称“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海を二宮さんが演じました。

ひと足先にクランクアップを迎えた二宮さんは
「テレビの力を信じて、観てくれる人に何かを届けたいという思いで約4カ月の間
 撮影に参加させていただきました。この作品に携わり、このキャストの方々と
 ご一緒できたことは、本当に貴重な経験だったと思います」
としみじみコメント。

そして
「皆さんはまだ撮影が残っていますが、私はもう卒業します(笑)!
 最後までけがのないよう、笑って締めてください。本当にありがとうございました!」
と撮影の残っている出演者とスタッフにエールを送りました。

研修医・世良雅志役の竹内涼真さんは
「今までのドラマで一番キツかったですが、1つのシーンをみんなで作り上げる
 この現場は本当に楽しかったです」
と充実感を語ります。

医療ドラマ初挑戦となった葵わかなさんは
「最初は医療ものに携われるということですごく楽しみにしていたのですが、
 まさかここまで大変だとは思いませんでした」
と述懐しつつ
「勉強になることも多かったですし、皆さんに支えられながら
 のびのび演じることができました」
と笑顔を見せていました。

日曜劇場への出演は本作が3度目となる内野聖陽さんは
「いつになくすごい現場で、スタッフさんが歯を食いしばりながら
 がんばっている姿を何度も目にしました」
と語り、
「そういう姿が僕たちを支えてくれて、番組の底力となっていくのだなと
 痛感しました。ありがとうございました」
と締めくくりました。

「ブラックペアン」の最終回となる第10話は6月24日にオンエア。

日曜劇場「ブラックペアン」第10話
2018年6月24日(日)21:00〜22:09 ※15分拡大


 
posted by ショコラ at 06:22| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

竹内涼真「おとしてみなよ」黄色い悲鳴!山田裕貴&北川景子『センセイ君主』出演発表!

映画『センセイ君主』のスペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶が
6月18日(月)、都内にて開催され、主演の竹内涼真さん、出演の浜辺美波さん、
佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS)、川栄李奈さん、新川優愛さん、
月川翔監督が登壇しました。

同作は、幸田もも子さん原作の漫画を、竹内さんが“ヒネクレ者のイケメン教師”
弘光由貴を、浜辺さんが“恋に恋するパワフルヒロイン”佐丸あゆはを演じ、
『君の膵臓をたべたい』の月川監督が実写映画化した作品。
主題歌をガールズグループ「TWICE」が担当することでも話題に。

野外ステージで行われたスペシャルステージイベントでは、まず予告編が上映され、
竹内さん演じる弘光先生が
「俺をおとしてみなよ」
とのセリフを浜辺さん演じるあゆはに言い放す場面が大スクリーンで放映されました。

登壇した竹内さんは、
「さっき、予告が流れてリアクションが良かったので、言っておきますか?」
と呼び掛け、
「俺をおとしてみなよ!」
と決めセリフを披露。詰め掛けた女性ファンから悲鳴にも近い歓声が沸き起こりました。

続いてマイクを持った浜辺さんは
「今日は楽しんで行きたいと思っています」
とにっこり。

「私、予告に使われたいい感じのセリフ、ありましたっけ?ないですね。
 いま、焦って忘れたので、思い出していきたいと思います」
と茶目っ気たっぷりにコメント。

すると、竹内さんは
「あるよ、あるよ」
と告げ、浜辺さんに顔を近づけて何かを耳打ち。
ステージ上で竹内さんと浜辺さんの2人が急接近すると、
そこでもファンから黄色い歓声があがっていました。

先生に恋心をぶつけるヒロインを演じた浜辺さんは、
「本当に明るい女の子でしたので、『ちょっととまどいがあるとそれが出てしまうな』
 と思いました」と回顧。
「原作が大好きだったからこそ、台本を開く前に、羞恥心を捨てました。
 『変顔でも何でも来い』と思ってやりました」
と同作に掛けた意気込みを言葉にしました。

変顔に加えて、劇中では、浜辺さんのモノマネも見られるそう。
浜辺さんはモノマネの研究をしたそうですが、
「気合いで乗り切りました」、
「似ていなかったら私の努力不足とコミュニケーション不足だと思ってください」
と控えめにコメント。

竹内さんはすかさず
「大丈夫、似てた!」
と太鼓判。浜辺さんが
「攻めに攻められたのも竹内さんがセンセイだったからかなと思います」
と声を弾ませると、竹内さんは
「もう、美波ちゃんのおかげだよ!」
と返し、会場を盛り上げていました。

トークでは、印象に残っている場面が話題にあがりました。
浜辺さんは、竹内さん演じる弘光先生が両手であゆはの顔を包み込み、
“あっちに行っていなさい”とさとす場面について、アドリブだったことをふり返り、
「あそこはめちゃくちゃいいなと思いました。『キュンキュンさせるぞ』
 という意気込みがない感じだからこそ、『おっ!』となります」
と目を輝かせていました。

竹内さんは
「僕らは、そこを意識したのです。流れの中で、絶対に事故、アクシデントにしようと」
と、同作が、例えば“壁ドン”や“あごくい”などの“胸キュンシーン”だけを見せる
作品ではないというこだわりを明かしました。

浜辺さんも
「“来るぞ感”がなかったですもんね。いきなり来て」
とうっとり。

また、舞台挨拶では、竹内さんから、
「劇中に出てくる雑誌に山田裕貴君が出ているので、みなさんお願いだから
 見つけてあげてください。そんなに数秒の役でも引き受けてくださりました」
と同作に俳優の山田裕貴さんが出演していることを明かしました。

竹内さんが
「あと、そういうのが多いです。店員さん、雑誌の表紙とか」
と告げると、さらに、浜辺さんから、女優の北川景子さんも出演していることが
発表されました。

会場中から
「ええ!」
という驚きと感嘆の声があがり、竹内さんは、
「ちょっと待って、山田裕貴君のときと…(反応の大きさが違う)」
とジョークを飛ばし、笑いを誘っていました。

映画『センセイ君主』は8月1日(水)より全国東宝系にて公開。



 
posted by ショコラ at 21:30| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB