人気ブログランキングへ

2018年02月20日

永野芽郁、朝ドラの新主役「18歳のすべて」を注ぐ!

若手女優にとって最大の登竜門となっているNHK連続テレビ小説(朝ドラ)。
2018年4月2日にスタートする朝ドラ『半分、青い。』のヒロインは、現在18歳の
永野芽郁さんに決まりました。

3月に高校を卒業、朝ドラが終わるときには19歳になるため、
「いろんな節目が重なる作品」といいます。
「18歳のすべてを朝ドラに注ぐ」と意気込みを語ってくれています。

彼女が女優として注目を集め始めたのは、連ドラ初主演の『こえ恋』やNHK大河ドラマ
『真田丸』を経験した16年。続く17年は、初主演映画『ひるなかの流星』など5本の映画と
連ドラ『僕たちがやりました』に出演し、『ひるなかの流星』は興行収入約15億円を
記録するなど、主演女優として「結果」も残しています。

『ひるなかの流星』では等身大の女子高生・与謝野すずめ役を演じましたが、山本美月さん主演の
映画『ピーチガール』や新垣結衣さん主演の『ミックス。』では主人公たちを翻弄する
小悪魔なキャラクターを演じ、振れ幅の広い演技を見せました。
17年の経験をどのように朝ドラへつなげるのでしょうか。

「17年はいろんな作品に出させていただいたんですけど、『同じ人が演じてると思わなかった』
 と言われたのがうれしかったです。『ピーチガール』の沙絵や『ミックス。』の愛莉は、
 理解できないくらいに自分からかけ離れた意地悪な役だったので、ぶっとんでやろうと
 思いました。見ている方が『こいつ、うざい。嫌い』と思ってもらえるところまで
 いけたらいいなと含み笑いをしたり、しゃべり方をアレンジして(笑)」

17年に公開された映画の中で、大きな影響を与えた1つが、『ひるなかの流星』の
新城毅彦監督との出会いです。

「新城監督は1つひとつのシーンにこだわる方で、『ひるなか〜』では1日で10回くらい
 泣くシーンを繰り返して演じたこともありました。けっこうきつかったんですが、
 私は負けず嫌いなので必死に求められたことをやって、集中力を鍛えてもらったと思います。
 楽しい経験もいっぱいさせていただいたんですけど、初めて『めっちゃキツい』と思ったのが
 『ひるなか〜』で。楽しいだけの経験しかしていなかったら、朝ドラはもっと大変に
 感じていたかもしれないです」

『半分、青い。』は、『ロングバケーション』などの大ヒットドラマを手掛けた北川悦吏子氏による
オリジナル脚本作品。高度成長期から現代を舞台に、病気で左耳を失聴した主人公・楡野鈴愛
(にれの・すずめ)がユニークな感性で大発明をする姿を描きます。
永野さんは2366人が参加したオーディションで、ヒロインの座を射止めましたが、
ただならぬ運命を感じたといいます。

「オーディションの場で初めて台本を読ませていただいたら、役名が『ひるなか〜』と同じ
 『すずめ(鈴愛)』。名前に縁を感じて、『もしかしたら受かるんじゃないか』と思っている
 部分もありました。内容を読んでも、自分と重なる部分も多くて、すごくこの役をやりたいと
 思いましたし。それに、オーディションの参加条件が『10月1日時点で18歳以上』だったんですけど、
 9月24日生まれなのであと約1週間誕生日が遅いと受けられなかったんです。事務所の人も、
 『そういえば芽郁も受けられるじゃない?』って気がついたくらいギリギリの応募だったんです(笑)」

「出演が決まって、いろんな方に『朝ドラの撮影は大変だから、体調に気をつけてね』と
 言われるんですけど、まだそれほどでもないです。むしろ、17年のほうが大変な
 スケジュールでした。『ひるなかの流星』『帝一の國』『ピーチガール』といった映画や、
 ドラマの撮影が密集していて、毎回違う役をパーンと切り替えながら演じていたんです。
 しかもその間に、前に撮影した作品のプロモーションもしたり。そんなスケジュールが
 1年近く続いたんですけど、今は朝ドラ1本なので(笑)。ずっと同じ役を演じる経験はないので、
 この先、何かがぶれて『鈴愛じゃなくなるんじゃないか』と迷う瞬間も出るかもしれないんですけど、
 でも大丈夫な気がする。新城監督との出会いや、大変だった撮影スケジュールなど、17年は
 朝ドラに向かう準備をさせていただいていたのかもしれないです。17年にお世話になった方々に
 ちょっとでも恩返しできたらなと思います。

 ただ、鈴愛は『なんとかなるでしょう』っていう性格で、私も日々なんとかなる、と
 気負わないようにやってます。岐阜での撮影初日、朝が早かったので、待ち時間に
 ひなたぼっこしながら、ちょっとうとうとしてたら、プロデューサーさんに
 『朝ドラの撮影初日に寝た女優さんは、初めてかも』と言われました(笑)」

18年3月には高校を卒業予定。
これまでは学園モノなどで「現役の高校生であること」を強みに演じてきましたが、
今後は演じる役もさらに広がりを見せそうです。

「今は学校がメインですけど、進学するつもりはないので、社会に出ると環境が
 変わっちゃうのでちょっと怖いなあって。高校を卒業して20歳までの2年間は、
 私は何になるんだろう。もう子どもでもないし大人でもないし、微妙な時期だなと。
 『半分、青い。』は高校生として最後に演じる作品で、高校を卒業して最初に私を見てもらう
 場にもなるんです。そして朝ドラが終わるとき(9月29日放送終了予定)は19歳になってる。
 いろんな節目が重なる作品ってなかなかないから、不思議な感覚です。まだ放送が始まっても
 いないけど、絶対に忘れられない作品になるだろうなと思います。18年と、18歳のすべてを
 朝ドラに注いで頑張ります」


 
posted by ショコラ at 13:39| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タッキー、羽生を参考“攻めの歌舞伎”!「滝沢歌舞伎」4.5開幕

「タッキー&翼」の滝沢秀明さん(35)が19日、都内で取材に応じ、
平昌五輪金メダリスト・羽生の表現力を参考に主演・演出する舞台「滝沢歌舞伎」
(4月5日開幕、新橋演舞場)に臨む決意を語りました。

テレビ越しにパフォーマンスを目の当たりにし
「体一つで心を動かす。簡単なことじゃない。理屈で説明できない」
と決意を新たにしました。

16年から3年目の出演となるV6の三宅健さん(38)も同じ考え。
平昌五輪でユニバーサル放送(障害のある人にも楽しめる放送環境での放送)の
メインパーソナリティーを務めています。
「僕も涙した。表現者として、あああるべき。ただ技術が良ければいいのではなく、
 何か感じてもらえるものにしないと」
と力を込めました。

13年目の上演を迎える今年、2年後の東京五輪を見据えて5色ならぬ7色の「虹」をテーマに、
第2幕をリニューアルします。滝沢さんは
「ジャニーズのエンタメを詰め込む。2020年は世界が日本に注目する。
 日本人が何かをやれば、海外の人にとって、それは“歌舞伎”だと思う。
 『攻めの歌舞伎』として新しいスタイルを生み出したい」
と日本の伝統芸能を取り込みながら、外国人の心もつかむ舞台へと仕上げるつもりです。


 
posted by ショコラ at 06:13| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綾瀬はるか、CA姿で登場!吉沢亮「とてもすてきです」と大照れ

女優の綾瀬はるかさんが2月19日、東京都内で行われたANAの新サービス
「FEEL THE NEW SKY」のプロモーション発表会に俳優の吉沢亮さんと共に出席しました。

同社のキャビンアテンダント(CA)の制服を着て登場した綾瀬さんを見て、吉沢さんは
「とてもすてきです。お似合いです」
と照れながら感想を話していました。

綾瀬さんはこの日、新サービスの魅力を伝えるコミュニケーション・アテンダントに就任し、
ビジネスマンに扮(ふん)した吉沢さんに新サービスを説明するデモンストレーションも
行われました。

綾瀬さんと吉沢さんは、同日、放送を開始した新サービスのCM「FEEL THE NEW SKY」に出演。
新サービスの第1弾である「国内線無料WiFiサービス」を紹介する内容で、綾瀬さんが
好奇心旺盛で周囲を翻弄(ほんろう)するフリーライターの姉、吉沢さんが商社マン役の弟を
演じています。


 
posted by ショコラ at 06:04| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽業界も“羽生特需”!フリー使用曲収録のアルバムDL激増

平昌五輪男子フィギュアで羽生結弦選手(23)が五輪連覇を達成し、
音楽業界も“羽生特需”に沸いています。

連覇を決めたフリープログラムでの使用曲「SEIMEI」の原曲を収録した
「サウンドトラック『陰陽師』コンプリート」(15年発売)は、金メダルを獲得した
17日以降、配信ダウンロード数が激増。

羽生選手の演技前と比べて約50倍の1000ダウンロードを連日記録しました。
発売元には全国のCDショップから2000枚の追加発注が入りました。
特集しているホームページへのアクセスも300倍に増えるなど、国民の感動を誘った
音色への関心が高まりました。

ショートプログラム(SP)で使用した、ポーランド出身の名ピアニスト、
クリスチャン・ツィメルマンのショパン「バラード第一番」を収録したアルバムにも注文が殺到。
16年発売の「ショパン:4つのバラード、幻想曲、舟歌」に、30倍のバックオーダーが
届いているといいます。

レコード会社の担当者は
「注文が追いつかず品切れの状態です。慌てて対応しています」
とうれしい悲鳴を上げていました。

     オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート - オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート - オリジナル・サウンドトラック

 
 
posted by ショコラ at 05:57| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

草なぎ剛、3年ぶりの舞台、稲垣吾郎は何を言う?!

草なぎ剛さんが3年ぶりの出演となる主演舞台『バリーターク』(4月14日〜6月3日)の
制作発表で「未知なる自分を追求したい」と決意表明。
稲垣吾郎さんからは
「よく演技をほめられる」とのことですが、
「吾郎さんはぼくがこの舞台に出ることを知らない」
と会場を笑わせていました。

同作の初演は2014年7月。アイルランドのゴールウェイ国際芸術祭で幕を開け、ダブリンと
コークでの国内ツアーに続いて、ロンドンのナショナルシアターでも上演されました。
2015年にはアイリッシュタイムズ演劇賞最優秀作品賞を受賞しました。


 
posted by ショコラ at 12:35| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野源、新曲「ドラえもん」MVで「恋」以来となる“ELEVENPLAY”との再タッグ実現

星野源さんの話題騒然のニューシングル「ドラえもん」(『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌)
のリリースがいよいよ2月28日に迫り、各CDショップ、Eコマースでは予約が殺到しています。

そんななか、ついに『ドラえもん』のミュージックビデオ&特典DVDの予告編が、
本日公開されました。

本作のミュージックビデオは、星野さんが「ELEVENPLAYのダンスが中心のビデオを作りたい」
と企画し制作されたもの。「恋」以来となるMIKIKO振り付けによるELEVENPLAYと
再びタッグを組んでのミュージックビデオとなりました。

楽曲がスタートすると、どこかで見たことのある空き地から始まり、冒頭からワンピースを纏った
ダンサー(ELEVENPLAY)が登場。2人、4人と増えていく中、サビで星野さんが登場します。
また、思わず口ずさんでしまうサビの「どどどど・・・」の部分は、ついリズムに合わせて
一緒に体を動かしたくなってしまいます。

フスマやちゃぶ台、浴槽、シャワーといった、日本の日常の風景でありつつも、どこか不思議さを
感じさせる空間で展開されるELEVENPLAYのダンスは、座ったり、寝転がったり、その空間を
生かしたコンテンポラリーでスタイリッシュな、J-POPシーンでは見たことのない振り付けに
仕上がっています。

華麗でユーモラスなダンスの中で歌う星野さんと注目のダンスを、ミュージックビデオで
チェックしましょう。

さらに初回限定盤に付属するDVD『ViVi Video』(読み:ビビ ビデオ)の予告編も公開!
約70分におよぶ特典映像では、星野源さんのツアーでもおなじみ“ニセ明”が、世界進出のために
制作した“PR映像”とそのメイキングに加え、2016年に開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル』
での、ギター1本での弾き語りで披露された、レアな厳選ライブ映像が収録されています。

おなじみの星野源さんと友人によるコメンタリーも、もちろん入っており、コメンタリーを
含めると約140分の大ボリューム。そのダイジェスト映像が予告編として、ミュージックビデオと
ともに星野源さんのオフィシャルYouTubeチャンネルに公開され、シングル発売直前の予習として
必見な映像となっています。

ミュージックビデオに登場する美術は、ドラえもんの世界を彷彿とさせるような個性豊かな
セットが実現。作品のアイデア&プロデュースは星野源さん、映像の中に見られる細かな美術は、
「恋」「Family Song」でもミュージックビデオのアートディレクションを手掛けた
吉田ユニさんによるもの。監督は「SUN」「時よ」「恋」「Family Song」に続き、関和亮さんが
行いました。

楽曲だけでなくミュージックビデオにおいても、音楽ファンのみならず、すべての世代の
「ドラえもん」ファンにはたまらない作品に。星野源さんの“遊び”の要素がいたるところに
散りばめられている「ドラえもん」のミュージックビデオをじっくりと楽しみましょう。


 
posted by ショコラ at 07:14| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅田将暉、大人の女性“桃子”にフラれる!「甘いけどほろ苦い」と涙、「ファンタ」新CM

「ファンタ」ブランドから発売される“大人のファンタ ピーチ”の新TVCM
『大人のファンタ ピーチ 桃子に夢中』篇(15秒)が、2月20日から全国放映されます。

本TVCMは、「ファンタ宣伝部長」の菅田将暉さんが、遼河はるひさん演じる大人の女性
“桃子”に恋し、大人の雰囲気溢れるバーで真剣に告白するも、フラれて涙するという内容。
“甘くてほろ苦い、大人の恋”を通じて“大人のファンタ ピーチ”の大人向けの本格的な
味わいを表現しています。

TVCMでは“ファンタ宣伝部長”の菅田さんが、大人の雰囲気溢れるバーで、
遼河さん演じる大人の女性“桃子”に真剣な表情で告白。
“桃子”はそっと微笑むと「まだまだコドモね」とだけ言い残し、バーをあとにします。
多くの女性から支持を集める菅田さんが、桃の被り物を身にまとった遼河はるひさん演じる
“桃子”にフラれ、バーカウンターで“大人のファンタ ピーチ”の大人な味わいに
「甘いけどほろ苦い」と涙するシーンは必見です。

これまでラップに挑戦したり、“キレッキレ店員” “ノリノリの大学生” “ダブルマサキ”など、
個性溢れる様々な“ハジけた”キャラクターを“ファンタ”TVCMで演じてきた菅田さんですが、
今回は“大人のファンタ”シリーズならではの大人の「ファンタ宣伝部長」の顔を見せています。

リリース情報
2018.02.21 ON SALE
菅田将暉
SINGLE「さよならエレジー」

2018.03.21 ON SALE
菅田将暉
ALBUM『PLAY』

ライブ情報
菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018
02/20(火)愛知・名古屋クラブクアトロ
02/21(水)大阪・梅田クラブクアトロ
02/27(火)東京・渋谷クラブクアトロ

菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018 追加公演
02/23(金)東京・渋谷WWW X

 
posted by ショコラ at 07:03| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB