人気ブログランキングへ

2017年04月30日

がん探知犬、全国初導入! 尿かぎ分け判定

山形県金山町は、人の尿のにおいで、がんの有無をかぎ分ける
「がん探知犬」による検査を来月にも始めます。

町の健康診断の受診者のうち同意した人を対象とし、日本医科大千葉北総病院(千葉県印西市)が
分析を担います。健康診断に併せ、がん探知犬を利用するのは全国の市町村で初。
効果が確認されれば、受診者に負担を掛けずに早期発見できる検査方法として、実用化が
期待されるといいます。

町などによると、検体となる尿は町立金山診療所が採取し、冷凍して千葉北総病院に送ります。
探知犬は試験管に入った検体の尿をかぎ分け、がんに罹患(りかん)していると判断したときは、
振り返って担当者に伝えます。

病院側は探知犬による検査に加え、尿に含まれるにおい物質などを特殊な機器で精密に分析し、
がんの有無を判定。約3カ月後に陽性か陰性かの結果を知らせます。

同病院は宮下正夫教授(外科学)を中心に2010年から、がん特有のにおい物質や探知犬の
可能性について研究を進めてきました。探知犬は同病院と提携する企業が育成に当たり、
現在5匹が探知できる状態だといいます。

宮下教授は
「これまでの検査で、探知犬は早期のがんもほぼ100パーセントかぎ分けている」
と説明。

「最初の検査は尿を提出するだけでよく、体への負担がない。陽性の場合も他の
 検査データから、がんの種類の絞り込みが可能になる」
と利点を挙げます。

町がこうした検査を導入するのは、同町を含む最上地域の胃がんによる死亡率が
全国でも高いことが背景にあるそう。
特に女性の胃がん死亡率は全国ワーストで、状況を重く見た町長が昨年10月、
町に講演に来ていた宮下教授に協力を依頼していました。

町は本年度当初予算に、同病院への委託料など1100万円を計上。
探知犬などの検査を受ける町民も自己負担はありません。

町長は
「がんの早期発見につながる可能性がある。住民が元気で暮らせる対策の一歩にしたい」
と話しています。


 
posted by ショコラ at 05:48| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

線虫でがん検査、19年末にも!尿1滴で判定、実用化へ

体長約1ミリの線虫が、がん患者の尿に誘引される性質を利用したがん検査の実用化に向け、
九州大発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(東京都港区)と日立製作所は18日、
共同研究を行うと発表しました。

日立が自動解析装置を開発し、2019年末から20年初めに保険が適用されない
自由診療での実用化を目指します。

線虫の性質を発見した九州大助教で、同ベンチャー社長の広津崇亮さんは都内で記者会見し、
「胃や大腸、膵臓(すいぞう)など消化器がんの臨床研究では(がんを判定できる)感度が90%。
 早期のがんも簡便で高精度に安く検査できる」
と説明。費用は1回数千円を想定しているといいます。

線虫は大腸菌などを餌とし、飼育が容易。
02年のノーベル医学生理学賞は線虫を使った遺伝学研究に授与されました。

広津さんによると、容器に尿1滴を垂らし、約30分で線虫50〜100匹の過半数が尿に寄っていけば、
がんと判定します。線虫は犬以上の嗅覚があり、がん患者の尿に特有な物質のにおいが
餌に似ているため、誘引されると考えられています。

日立は尿に寄って行く線虫を数える方法ではなく、多数が集まると明るく見えることを
利用した自動解析装置の開発を進めています。


 
posted by ショコラ at 06:20| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

毎日こまめに対策を!花粉を撃退する簡単テクニック

いよいよ憂鬱な花粉症シーズンが到来しました。
日本気象協会の予測によると、2017年の花粉飛散量は、九州・四国・近畿・東海地方で非常に多く、
中国地方で多く飛散する見込み、北陸地方はやや多め。
関東甲信地方ではやや少なく、北海道では少ない見込み、東北地方では非常に少ないそうで
地域差が出るようです。

いずれにせよ、症状を悪化させないためにも花粉対策はしっかりしたいところです。
そこで、生活習慣からお掃除、洗濯まで、家族みんなに役立つ情報をご紹介!

■花粉を部屋に持ち込まないのが鉄則
室内の花粉量は、体への付着による持ち込みが4割、換気による侵入が6割(花王調べ)と
いわれています。この時期は家の中に極力持ち込まない工夫と飛び散らないような掃除の仕方を
習慣にしましょう。

掃除などで換気をしたい場合は、レースのカーテンを閉めたまま窓を10cmだけあけるように。
十分換気は可能です。レースのカーテンを閉めておくだけでも花粉の侵入は大幅にカットできます。

■衣服へ付着させない
外出前は、静電気防止効果のある衣料用スプレーをコートにシュッとひと吹きして、花粉の付着を
未然に防ぎましょう。またコートの素材は、花粉のつきやすいウール素材などを避けて、
ツルツルとした生地のものを選ぶのもおすすめ。家に入る前にコートを脱ぎ、バサバサと花粉を
払ってから玄関に入るのも忘れずに。

■洗濯時の工夫で花粉のつきを軽減
乾燥が激しく静電気が起こりやすいこの時期は、ホコリに混じって花粉が衣服につきやすくなります。
洗濯時は、静電気の発生を抑えてくれる柔軟剤を使用しましょう。また、洗濯物は部屋干しがベスト。
ただし、暖かい室内は雑菌が繁殖しやすく洗濯物がにおいやすいので、抗菌防臭タイプの洗剤を
選ぶとよいでしょう。

■体の内側からも花粉症を緩和
症状の悪化は、免疫機能が正常に働いていないことも原因のひとつ。
免疫調整に効果的なヨーグルトなどの乳酸菌食品を積極的に摂りましょう。
ビタミンC・E・B群、ポリフェノールなどの抗酸化作用が高い、ぶどう、かぼちゃ、にんにく、
トマトなどの食品も炎症を緩和してくれるのでおすすめです。

どれも今すぐ取り入れられる簡単なテクニックばかり。
花粉を取り入れないための撃退テクで、花粉シーズンを乗り切りましょう!


 
posted by ショコラ at 07:07| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

納豆で脳卒中死亡リスク3割低下!岐阜大が3万人を調査

納豆をふだんよく食べる人はそうでない人に比べ、脳卒中で亡くなるリスクが約3割低いとする
調査結果を岐阜大のチームがまとめ、米国の臨床栄養学の雑誌で報告しました。
納豆に含まれ、血管が詰まるのを防ぐ作用がある酵素などがかかわっている可能性があります。

岐阜県高山市に住む男女約2万9千人について、1992年に健康状態や食習慣などを尋ね、
16年後の生死や死因を確認。納豆をふだん食べる量に応じて四つのグループに分け、
死亡リスクとの関係を調べました。

調査期間中に、677人が脳卒中で亡くなっていました。
年齢のほか、喫煙状況や運動習慣などが影響しないように考慮して計算すると、
納豆を最も多く食べていたグループ(1日あたり7グラムほど)の脳卒中による死亡リスクは、
納豆をほとんど食べないグループより32%低かったことが分かりました。
心筋梗塞(こうそく)などで亡くなるリスクも下がる傾向がみられました。


posted by ショコラ at 13:20| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

これは気になる!胃腸が悪いと体臭がきつくなるって本当?

いつもより、自分の体臭が強くなっていると感じるときはありませんか?
特に、口臭が気になったり、おならがやけにくさかったりするときは、
「胃腸が悪いのかな」と疑うものですが、胃と腸にいったい何が起こっているのでしょう?
胃腸の悪化で体臭がきつくなるのは、本当なのでしょうか?

聞くところによると、正しくは胃ではなく腸のせいだそう。
便秘に原因があると考えられます。
胃に入った食べ物は消化・分解され、平均5時間、長い人で10時間近くかけて腸に移動します。

でも便が腸に溜まっていると、胃から腸へとスムーズに下りていかず、胃が空になりません。
そのうちに食べたものが胃酸で溶けて嫌なにおいを発し、長く胃に留まると圧がかかって、
くさい息として上がってくる・・・これが、便秘によって息がくさくなるメカニズムなのだそうです。

汗がくさくなったり、おならのにおいが強くなったりした場合も、便秘が原因なのだとか。
「くさいおならばかり出る場合は、便秘によって腸内の悪玉菌が優勢になっている証。
 大量の悪玉菌から発生する毒素は、嫌なにおいの元になり、おならをくさくします。
 もともと、便やおならのにおいは99%が無臭で、残り1%程度がくさいもの。
 それなのに、くさいおならが出やすいということは、便秘が悪化していると言えるでしょう。
 また、悪玉菌の毒素は血液を通して、全身をめぐっていきます。それにより、皮膚から出る
 汗がくさくなったり、吐いた息がくさくなったりすることもあります」
と消化器内科医師は話しています。

悪玉菌の毒素によって肌荒れも引き起こされるので、吹き出物が出やすい場合も
便秘を疑ったほうがよいそうです。
自覚はなくても実は便秘という『隠れ便秘』の方は非常に多いそうです。
とくに女性は便秘傾向が高めです。

便秘の定義は内科学会と消化器病学会でも異なり、医師の間でも異なるのですが、
便秘の定義とは、まず、3日以上出ない人は病的だと考えてみた方がよいそうです。
また、毎日出る人や一日に何度も出る人でも、お腹が張っていたり、残便感があったり、
お腹に痛みや違和感があったりするようであれば、便秘の疑いがあります。
さらに、下痢として出ている場合も『けいれん型便秘』や『オーバーフロー型便失禁』という、
便秘の症状の可能性もあるそうです。

女性に便秘が多いのは
「筋力が弱いため、腹筋など腸を動かす筋肉の力が弱いこと」
「生理前に出る黄体ホルモンは、血管に水を引き込む働きがあり、便の水分も
 奪って硬くするため、生理前は便秘になりやすいこと」
が主な理由だと、言われています。

とくに女性は『デトックス』が好きで、岩盤浴や半身浴などで汗をかいて毒素を排出しようと
頑張ります。でも、実は体内で作られる毒素のうち、70%が便から、20%弱が尿から排出され、
汗から出るのはたった3%といわれているんです。
本当に体内から老廃物を出し、毒素を排出しようと思うなら、まずは便秘を治すこと!
体臭やおならが気になるなら、なおさら便通に注目してみてください。

老廃物を溜め込んだ体は、体臭のみならず肌荒れや肥満にもつながるもの。
今までよりも体臭が気になったとき、それは腸から出ている危険信号を受け取ったときかもしれません。
スッキリと春を迎えるために、お通じを見直してみませんか?


 
posted by ショコラ at 00:17| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

「救急医療情報カプセル」って何? 独り身高齢者の緊急時に活躍!

現在多くの市町村や自治体では、65歳以上の独り身の高齢者の方へ向け
「救急医療情報カプセル」「救急医療情報キット」なるものが配布されています。
このキット、Twitter上でも「これは使えるぞ!」と話題になっているようです。

そもそも「救急医療情報カプセル」とは何なのでしょうか。
高齢ともなると様々な持病を抱え、服用する薬が多くなったり、緊急時に一人暮らしなどで
家族が駆けつけられない場合も多く見られます。
そんな場合の対処のために生まれたのが、「救急医療情報カプセル」ということです。

役所から"医療情報カプセル"をもらい、筒状の専用の容器に、担当主治医や薬の内服状況、
持病など、患った病気といった医療情報、アレルギー、服薬、連絡して欲しい人など
緊急連絡先を書いた用紙などを入れて使います。

この容器を冷蔵庫に入れ、救急車が描かれたシール(以下、表示マーク)を冷蔵庫の扉と
玄関ドアの内側に貼っておきます。そうすれば救急隊員がカプセルをすぐに見つける事ができ、
適切な処置をいち早く行うことができます。

最近普及活動が進められていて救急車の隊員はマークがあれば冷蔵庫を探すようになっているそう。
文字を書いたタッパーや切ったペットボトルでも代用できるので広まっていってほしいと思います。

各自治体で配布されている「救急医療情報カプセル」は、自宅で作ることも可能。
大阪府吹田市の公式サイトでは、ペットボトルを使った「救急医療情報カプセル」の作り方を
公開しており、医療情報を記入するシートや表示マークをダウンロードすることもできます。

また「救急医療情報カプセル」と合わせて心がけたいのが、処方薬の常備。
2011年に発生した東日本大震災では、降圧剤やインスリンといった慢性疾患用の薬が
不足したと言われています。他にも“お薬手帳”や予備薬も用意したいところです。

いつ、どこで、どんな災害や事故に遭遇するか分かりません。
そんな時思いもよらないアイテムが身を守ってくれることもしばしばあります。
意外と役に立つのが「手帳」。

自分のスケジュールだけでなく家族のスケジュールも一緒に記入することで、災害時には
家族の安否の確認に役立たせられます。
また携帯電話だとバッテリーが切れれば使えなくなるのに対し、手帳だとその心配もありません。
最近では、防災ページが付いた手帳も売られているため、防災意識を高めることもできるようです。

様々な便利ツールが導入され、日々生活の安全性や利便性は向上しています。
万が一の時への備えは、あればあるほど安心ですね。


 
posted by ショコラ at 20:13| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

スマホで遠隔診療!都市部でも、初診だけ対面、手軽さ人気!

スマートフォンなどを使って自宅や職場にいながら医師に診察してもらう遠隔診療が、
都市部で広がってきています。遠隔診療はこれまで離島やへき地が主な対象とされてきましたが、
一昨年の厚生労働省の通知をきっかけに様変わりしてきました。
病状が安定していれば、通院の手間がはぶけるため、勤め人や子育て・介護中の人たちが
利用しています。

1月中旬の午後、東京都港区にある新六本木クリニック。
来田(きただ)誠院長がパソコン画面に向かって話しかけました。
「前回の診察以降、いかがでしたか」
画面には横浜市に住む40代の男性会社員の顔が見えます。

2カ月前から禁煙治療を受けている男性は、カメラ機能で顔が映るようにした
自身のスマホに向かって答えました。
「禁煙は続いています。吸ってみたい気持ちはなくならないので、注意したいと思います」
何度かやりとりをし、
「困ったらご相談ください」
と来田院長が伝え、数分で診察が終わりました。

男性は
「仕事は忙しいし、病院の待合室で待つのも苦手。遠隔診療では自分の空いている時間に調整できる」
と話します。
このクリニックは精神科や禁煙外来に遠隔診療を活用し、月に50人程度の患者が利用しています。

ここでは、遠隔診療を希望する患者でも、最初の1回は医師と直接対面して診察を受けます。
その後は、遠隔診療でも大丈夫と医師に判断されれば、患者はスマホに専用のアプリを
ダウンロードするかパソコンを使います。

ネットで診察時間を予約し、その時間にパソコンやスマホの前で待機します。
費用はクレジットカードで払います。
薬は配達してもらうか、処方箋(せん)を送ってもらって近所の薬局で受け取ります。

遠隔診療のシステムを提供する「メドレー」(東京)によると、事業を始めた昨年2月から
昨年末までに北海道から沖縄までの約200医療機関が導入。
首都圏や関西、九州、東海の都市部の診療所が目立ち、診療科は内科や小児科、精神科、
皮膚科などといいます。

代表取締役で医師の豊田剛一郎さんは
「医療機関の間では遠隔診療の認知度が上がってきた。今後は患者にも広く知ってもらいたい」
と語っています。


 
posted by ショコラ at 07:05| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB