人気ブログランキングへ

2018年02月12日

4月と10月、変わる非正規ルール!「2018年問題」

非正規で働く人の雇用ルールが今年大きく変わります。
4月に有期社員の「無期転換ルール」、10月には派遣社員の「派遣期間3年ルール」の
運用が始まります。労働市場への影響の大きさから、「2018年問題」とも呼ばれています。
雇用の安定化という期待の一方で、働き方がどう変わるかの不安もあります。
何が起こるのかを報告します。

契約社員やパート社員など非正規社員の多くは企業と1年や半年などの有期契約を結んでいます。
無期転換ルールの導入で、契約が繰り返し更新され、通算5年を超えると、無期契約を申し込む
権利が得られます。13年4月施行の改正労働契約法で定められ、5年たった4月から運用されます。

目的は非正規社員の雇用安定化。
有期契約は本来、臨時の仕事のためのものですが、有期社員の3割は5年を超え契約を更新しています。
恒常的な働き手としてつなぎとめられているのに、いつ期間満了を理由に雇い止めされるかわからない
不安定な立場であることに変わりはありません。

企業側は「雇用の調整弁」にできる都合のいい仕組みですが、有期社員の不安は大きい・・・。
ルールはこれを改め、契約を実態に合わせるよう迫ります。

国の推計では勤続5年超の有期社員は450万人。
労働政策研究・研修機構が16年秋に行った企業調査(有効回収9639件)によると、
63%は無期に切り替えるとありますが「未定」も27%ありました。

懸念されるのは、申し込み権の発生前に企業の雇い止めが横行することです。
改正労働契約法は客観的に合理的な理由を欠く雇い止めは認められないと明確にしましたが、
一部で雇い止めが出ている模様です。

ただし、現在の雇用環境は、リーマン・ショック(08年)後の雇用不安が続いていた
法改正時と様変わりし、雇用増と人手不足が顕著。
17年の完全失業率は23年ぶりに3%を割り、有効求人倍率も1.50倍と高くなっています。
流通や外食など人材確保が厳しい業種では前倒しして正社員化する動きもあります。
無期転換を進めるには絶好のタイミングといえるでしょう。

焦点はむしろその先。
求人広告大手アイデムの「人と仕事研究所」所長は
「ほとんどの企業は無期転換の方向を固めたが、具体的な受け入れ態勢は
 まだ手つかずのところも多い」
としています。ここにトラブルの芽があるようです。

有期社員の方は、無期転換で処遇が良くなると期待する向きもありますが、必ずしも
そうではありません。転換後の処遇には
(1)労働条件を変えない
(2)職務・勤務時間・勤務地などを限定する限定正社員
(3)限定がない正社員−−
などの三つが考えられ、人材支援のエン・ジャパンが昨夏、企業513社に行った調査では
無期転換を進める企業(全体の67%)の半数超は「条件や待遇は変えない」としています。
受け皿として「無期転換社員」という新たな社員区分を作るのが主流とみられています。
これはモチベーションに影響しかねません。

企業は「無期転換社員」向けの就業規則を新たに作ることになりますが、労働条件は
不利にならなくても職務や勤務時間などが変わる可能性もあり、転換を考える人への
十分な説明は必須となります。

責任が重くなることや残業をしたくないなどの理由で転換を希望しない人もいるでしょうが、
人手確保のため一斉に無期転換する方針の企業もあります。ミスマッチの解消は大きな課題です。

大きくみれば、無期転換ルールは企業に人事管理制度の見直しを迫っています。
日本企業は長らく、無期雇用は正社員、有期雇用は非正社員という2区分で、採用、配置、
仕事配分、処遇などの人事管理を行ってきました。

だが、有期の非正規雇用が拡大し、無期でも限定正社員を導入する企業は今や半数超。
正社員も必ずしも無限定な働き方をしているわけではなく勤務条件の希望を受け入れて
もらっている人は少なくありません。

ここに無期転換社員が加われば、職場では処遇や条件の異なる区分が入り乱れてしまい、
なぜ社員を区分し処遇や条件を変えているのかの論理が求められます。
納得が得られなければ、職場を不信が覆い、溝は深まるでしょう。

19年度から適用が想定される同一労働同一賃金制度との不整合も問題です。
ガイドライン案は非正規雇用(有期・パート・派遣)と正規雇用の間の不合理な待遇差を問います。
だが、フルタイム勤務の無期転換社員はこの対象外にあります。
場合によっては、無期転換社員より有期社員の方が処遇が厚くなることもあり得ます。

国は、社員タイプを明確化して、転換制度を整え、働く人がライフスタイルに応じ多様な働き方を
選択できる仕組みを示します。リクルートワークス研究所労働政策センター長は
「求められるのは正社員を含めた包括的な人事制度。無期転換はそれに向けたプロセスの入り口だ」
と位置づけています。

もうひとつの18年問題の「派遣3年ルール」は、派遣社員を同じ職場に
派遣できる期間を3年に統一。期間が満了した派遣社員が希望すれば、
(1)別の派遣先を紹介
(2)派遣先に直接雇用を促す
(3)派遣会社が無期雇用−−
のいずれかを派遣会社に義務づけました。
15年9月施行の改正労働者派遣法で定められ、3年を迎える10月から本格運用されます。

ここでも雇い止めは不安視されます。
特に「ソフトウエア開発」など26業務はそれまで期間制限がなく、
長期間派遣されてきた人が多いのが実情。
26業務の対象者は15年6月時点で65万人おり影響は懸念されます。

また、派遣社員は働き方の自由度が狭まり、派遣会社には派遣先が見つからない場合の
コストが増すデメリットがあります。人手不足が広がり、派遣社員として採用される層も
変わるなど、労働市場での位置づけも変わりつつあります。


 
posted by ショコラ at 21:20| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

大阪の地下鉄、4月から「Osaka Metro」に

4月に民営化される大阪市営地下鉄の運営を引き継ぐ新会社の愛称が
「Osaka Metro(オオサカ メトロ)」に決まりました。
大阪市の吉村洋文市長が25日に発表しました。
海外の大都市と同じ名称にし、観光客にも分かりやすくする狙いがあるといいます。

地下鉄は東京、パリ、アテネ、ドバイなどでも「メトロ」と呼ばれています。
吉村市長は記者会見で
「世界に通用する大都市の地下鉄として発展してほしい」
と期待を込めました。

漢字とカタカナの「東京メトロ」と違い、英文表記にします。
「海外の方が大阪を訪れたときに一目で分かってもらうため」(吉村市長)
といいます。

ロゴマークはらせん状の立体的な図形で、前から見るとメトロの「M」、
横から見ると大阪の頭文字「O」に見えます。
動きのある図形で「走り続けるエネルギー」を表現したといいます。

1933年に開業した大阪市営地下鉄は今年4月1日から、大阪市が100%出資する
新会社「大阪市高速電気軌道株式会社」が運営します。
市営地下鉄の民営化は全国初。
今後、不動産やホテル経営など新規事業への参入も検討します。


 
posted by ショコラ at 05:58| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

大雪「こんな長い行列、見たことない」都心の駅、大混雑!

週明けの東日本が22日、大雪に見舞われました。
東京都心は午前から降雪が続き、列車の運休や空の便の欠航が相次ぎました。
夕方からは早めに帰宅しようとした会社員らが駅で長蛇の列を作るなど、終日混乱が続きました。

JRや私鉄が乗り入れる新宿駅。
夕刻のホームは人であふれ返り、乗車できない人などでタクシーやバスにも長い列ができました。

「こんなに長い行列は見たことがない」。
東京都渋谷区の会社員の女性は、吹きつける雪から生後6カ月の長女をかばうように抱いて
バスを待っていました。雪に備えて普段より多めに服を重ね着し、防水の靴を履いてきました。

早めに会社を出て、混雑する地下鉄でようやく新宿駅にたどりつきましたが、
バスを待つ列はなかなか進みません。
「いつもなら会社から30分ほどで帰れるのに、家が果てしなく遠く感じる」
とため息をついていました。

タクシーを待っていた杉並区の会社員の男性(23)は地下鉄のホームが人でいっぱいだったため、
乗り換えをあきらめてタクシーで帰ることにしたといいます。
「ここまでひどくなるとは思わなかった。明日の朝も心配です」
と話しました。

JR八王子駅周辺では午後から雪が激しくなりました。
駅構内で電車を待っていた相模原市の女性会社員(23)は
「午後2時に会社から帰宅するよう指示されたが、中央線の遅れで
 1時間以上待っている。心配です」
と話していました。

23日午前6時現在、JR新宿駅では、22日夜から降っていた雪はやみ、駅の前も除雪作業を
行っていたため、22日夜よりは歩きやすい状況にはなっています。
ただ、雪がまだ降り積もっている部分は、シャーベット状になっているため、滑りやすい状態です。
今のところ、大きな混乱は起きていませんが、早めの行動を心がける必要があります。

 
posted by ショコラ at 06:48| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

藤井四段、名人戦8戦全勝!順位戦C級1組昇格へM1

最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が19日、大阪市内の関西将棋会館で行われた
名人戦順位戦C級2組の8回戦で、矢倉規広七段(43)を77手で破って
8戦全勝の首位をキープ。C級1組への昇級マジックを「1」としました。

先手番の藤井四段は穴熊に構え、四間飛車で攻略の糸口を探る矢倉を問題にせず圧勝しました。
8連勝に「ここまでいい将棋ができている」と納得顔。
昇級にまた一歩近づきましたが
「意識せず、目の前の勝負に全力を尽くしたい」
と述べるにとどめました。

同クラスは成績上位3人が昇級。
C級1組に昇級が決まれば、その時点で自動的に五段昇段も決まります。


 
posted by ショコラ at 06:38| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「空飛ぶ原付き」会社員らが開発に挑戦!自動操縦機能も

目指せ、空飛ぶ原付き−。
兵庫県明石市の男性らでつくるグループが、小型個人用航空機の開発に挑戦しています。
自動操縦機能を搭載し、誰もが乗れる次世代の交通手段を目指す計画で、2月中には、
ハングライダーに動力を組み合わせ、初飛行を予定。

2022年の完成を目標に、インターネットを通じて資金を募る
「クラウドファンディング」にも取り組んでいます。

輸送機器メーカーに勤める男性(38)=同市=が企画を練り、昨年1月ごろからスタート。
「P.P.K.P(パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト)」と題し、神戸や大阪、
東京などのエンジニアらに声を掛けました。
京都市のハングライダースクールなどの企業も協力しています。

計画では、機体は全幅10・4メートル、全長4・3メートル。
ハングライダーに動力と1人が乗れるスペースを付けた設計で、翼は折りたたむことができます。
小型のエンジンを搭載し、最高速度は時速120キロ。
複数の回転する翼を持つ「ドローン」などと比べ、垂直の離着陸ができない一方、
大きな翼があるため、万が一、エンジンが停止しても滑空しながら降りることができるといいます。
自動運転機能により、災害時の物資運搬などの用途も想定しています。

開発は三つの段階に分けた。第1段階では、飛行機を前進させる動力ユニットを製作。
今年以降の第2段階で、コンピューターによる自動操縦システムを開発し、
第3段階で製品として完成させます。

メンバーは平日、それぞれの仕事の傍ら、自宅などで基盤製作や設計などを担当。
休日に神戸市西区のスタジオに集まり、夢の実現に向けて作業を続けています。
昨年8月には、東京で開かれた全国規模の展示会に出展し、開発中の動力ユニットを発表。
大手メーカーから声が掛かるなど、手応えを得ています。

世界では近年、ドローンと車を合わせた「空飛ぶ車」など、小型航空機の開発競争が
進んでいます。男性は
「日本も負けていられない。一つ一つ新しいことを試しながら、確実に作り上げたい」
と意気込んでいます。クラウドファンディングは18日まで。
もりもと技術研究所TEL050・3698・1400

 
posted by ショコラ at 11:18| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

センター試験地理「ムーミン」出題話題!不正解受験生嘆き

本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が13日、全国の695会場で
始まりました。「地理B」でアニメ「ムーミン」に関する問題が出題されたと、
インターネット上で話題を呼んでいます。

スウェーデンを舞台にしたアニメ「ニルスのふしぎな旅」を例に、ノルウェーとフィンランドを
舞台にしたアニメについて、フィンランドに関するアニメと言語との正しい組み合せを4択から
選ぶ問題。

アニメは「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2択、言語はイラスト付で
「ヴァ コステル デ(いくらですか?)」「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)」の2択。

「ムーミン」の原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン。アニメは「ムーミン」を
選ぶのが正解となりますが、最初にアニメ化されたのは1969年。
今の高校生には古いのかもしれません。

「北欧3国の位置関係で言語の推察はできたとしても、ムーミン=フィンランドは
 高校生にとって、どれほど浸透しているのか。センターで出すのは酷なような」
と書き込む人もいました。

間違えたとみられる一部の受験生がムーミン公式サイトのツイッターアカウントに対し
「絶対に許さない。今すぐ国籍をノルウェーに変えろ」
「おまえ、ノルウェーだろ?」
などと恨み節。ムーミンが炎上気味になっています。

「ムーミン」「センター地理」がツイッターのトレンドワードになり、反響。
これを受け、ムーミン公式サイトのツイッターは
「ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか・・・・という問題がセンター試験で出て、
 お怒りのみなさんも多いようで・・・。まだまだ知られてないんだな、と反省、
 もっと知ってもらえるよう公式サイトも頑張ります!これを機にムーミンの世界について
 知ってもらえると、うれしいな」
と粋なつぶやきをしました。


 
posted by ショコラ at 19:11| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5mリュウグウノツカイ捕獲、14日まで展示!

京都府宮津市黒崎沖の若狭湾で11日に深海魚のリュウグウノツカイが定置網にかかったそう。
5メートル15センチもある大物で、魚体も傷が少なく銀色の魚体と赤色のひれが美しいのだとか。
京都北部の日本海では近年、冬場になると深海魚が捕れることが増えていますが、
漁師や研究者も「これほどの大物は見たことがない」と驚いているそうです。

11日の朝、同市田井の漁業者が黒崎沖で定置網を揚げていると、巨大な蛇のように
体をくねらせる魚が見えたといいます。長すぎてタモですくえません。
鉤(かぎ)で刺して引き上げると、リュウグウノツカイだったそう。

うろこがなくて傷みやすく、船に引き上げた時に体が折れてしまうことも多いそうですが、
船のいけすに入れても生きていたとのこと。薄い斑点のある銀色の体で、触り心地は太刀魚のよう。
触手みたいな赤い腹びれがついています。

栗田漁業生産組合田井事業所の男性は(37)は
「年配の漁師も、こんなにでかい深海魚は初めて見たと言っているよ」
と話しています。

リュウグウノツカイは保冷車で近くの丹後魚っ知館に運ばれ、12日から14日まで屋外の
タッチングプールで展示されることになったようです。
飼育員の男性は、最寄りの海洋研究機関に連絡して引き取り先を探しましたが
「研究者の皆さんも『5メートル!!』と驚いていた。さすがに大きすぎて
 保存が難しいが、冬の海の珍客を多くの人に見てほしい」
と話しています。

展示後は解体の予定だそうですが、標本としてほしいという申し出があれば
提供するといいます。
問い合わせは、魚っ知館(0772・25・2026)まで。


 
posted by ショコラ at 11:30| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB