人気ブログランキングへ

2017年12月13日

ふたご座流星群、13日夜見ごろ!

「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎えます。
今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だといいます。

国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12〜14日の夜には、
晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると
予想されています。

ふたご座流星群は、3大流星群の他の二つのしぶんぎ座流星群(1月)、
ペルセウス座流星群(8月)と異なり、午後8時ごろの早い時間帯から流れ星が
見え始めるため、子どもにも観察しやすい流星群とされています。
出現が本格化するのは午後10時以降だといいます。

ふたご座流星群の流れ星は、ふたご座付近の一点(放射点)を中心に放射状に出現します。
石崎昌春・国立天文台広報普及員は
「流れ星観察は、肉眼で夜空の広い範囲を眺めるのがコツ。寒さ対策をしっかりして楽しんでほしい」
と話しています。


 
posted by ショコラ at 12:34| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

DMM、沖縄に水族館建設!最新映像技術を駆使、2020年上半期に開業予定!

DMM.comは12月12日、沖縄県豊見城市豊崎の「美らSUNビーチ」に
隣接するショッピングセンタ敷地内にて「DMMかりゆし水族館(仮称)」を
2020年上半期に開業すると発表しました。

同水族館は、「“世界初”最新映像技術を駆使した新しいエンタテイメント水族館」を
メインテーマとし、「沖縄の澄み切った海」「島々を覆う豊かな常緑の森」
「亜熱帯気候が織りなす素晴らしい自然」を中心に、さまざまな海洋生物と最新映像技術を
組み合わせ、テーマパークのような“ワクワク”と、水に包まれる“癒し・リラックス”が
共存できる空間を目指すといいます。

通常の水槽展示だけでなく、映像技術を駆使したリアル海洋体験ができる
「リアルとバーチャルの融合」、季節や時間、自然の美しさを表現するダイナミックな
ビジュアル表現を用い、開放的な空間演出を実現した「多彩な空間演出」、海洋生物だけでなく
沖縄地方を中心とした動植物とふれあうことができる「インタラクティブ体験」などを
特徴としています。

アクセス方法として、那覇空港から同水族館までを約30分で結ぶ専用シャトルバスを用意。
タクシーや車では約20分の距離(空港からの直接距離は約5キロメートル)だといいます。
水族館の延床面積は8066平米(2440坪)、地上3階構造の1〜2階部分を使用するといいます。
初年度の入場者数は210万人を目標とします。

水族館の建設により、生物の多様性・独自性を学ぶ教育機会を創出し、環境保存の意識を高めるほか、
沖縄県内にて水族館運営に知見のある企業と技術提携に向け協議中としており、沖縄県内2施設目の
水族館として地域経済に貢献するとしています。


 
posted by ショコラ at 19:06| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

羽生棋聖、15期ぶり竜王奪還で前人未踏の「永世7冠」達成!

将棋の第30期竜王戦7番勝負の第5局が5日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が
渡辺明竜王(33)を87手で破り、通算4勝1敗で15期ぶりに竜王位を奪還し、前人未踏の
「永世7冠」を達成しました。

羽生棋聖は、これで竜王を通算7期獲得。
連続5期か通算7期以上の保持者に与えられる「永世竜王」の資格を手にしました。
羽生棋聖はこれまで名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖のタイトルで永世称号の資格を得ていました。
将棋界の8大タイトルのうち、永世称号の規定がない叡王戦をのぞく7つのタイトルすべてで
永世称号を獲得する偉業となりました。
羽生棋聖に次いで、永世称号獲得の多い棋士は大山康晴15世名人と中原誠16世名人の5つ。

1996年に将棋界で初めて7大タイトル独占を成し遂げた羽生棋聖。
これでタイトル獲得数も通算99とし、こちらも前人未踏の100の大台に王手をかけました。

渡辺竜王は、9連覇を含む通算11期竜王位を獲得。
2008年には羽生棋聖と「初代」の永世竜王の資格をかけて対戦し、この時は渡辺竜王が
3連敗から4連勝で逆転防衛に成功。連続5期を満たし永世竜王の資格を得ました。
10年にも羽生棋聖を挑戦者に迎えましたが、4勝2敗で退けました。
今回は2人にとって竜王戦3度目の対決でした。渡辺竜王は棋王の1冠に後退しました。

◆羽生棋聖の獲得した全タイトル
  竜王 7期(連続2期が2度)
 名人 9期(連続3期が2度)
 王位18期(連続9期)
 王座24期(連続19期)
 棋王13期(連続12期)
 王将12期(連続6期)
 棋聖16期(連続10期・継続中)


 
posted by ショコラ at 06:10| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

今夜の満月は「スーパームーン」!6月より3割明るい

今年最も大きく見える満月が3日夜、師走の夜空に輝きました。
国立天文台によると、見かけ上で今年最小だった6月9日の満月と比べて1割以上大きく、
約3割明るかったといいます。

東京都中央区では3日午後5時すぎ、高層ビルの上にオレンジ色のお月様が姿を現し、
冷え切った夜の街をまぶしく照らしていました。

月は楕円(だえん)の軌道で地球を回っていて、その距離はおよそ35万〜40万キロの間で
変化します。近いと大きく明るく、遠いと小さいので、この夜は約35万8千キロで、
今年の満月で最も近かった日でした。

次の満月は1月2日で、来年中で地球に最も近く、「最大」になります。
その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できます。


 
posted by ショコラ at 06:14| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

「こたつ舟」運航スタート!暖を取りながら川下り、福岡県柳川市

福岡県柳川市の掘割を巡る川下りには、冬の風物詩「こたつ舟」が登場しました。
川面を走る師走の風は冷たいですが、観光客はこたつで暖を取りながら、
城下町の景色をゆったりと楽しみました。

冬場の客足確保を目的に1967年に始まったこたつ舟は、定員20人前後のどんこ舟に載せた
テーブルの下に火鉢を数個置き、布団を掛けてしつらえます。
こたつが入るのを待って遠方から訪れる人も多く、例年、外国人観光客を含め
7万〜8万人が満喫しています。

来年2月末まで、主要4社の約100隻が約4キロのコースを巡ります。
乗船料1500〜1600円。市観光案内所=0944(74)0891。


 
posted by ショコラ at 06:40| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

東京ディズニーランドの入園口をリニューアルへ!

オリエンタルランドは11月28日、東京ディズニーランドの入園口「メインエントランス」の
リニューアルと、東京ディズニーランド・パーキングにおける立体駐車場の新設を決定したと
発表しました。

東京ディズニーランド「メインエントランス」は、入退園ゲートやパークチケット
購入場所などから構成。このたびの改修工事では、よりスムーズに入園してもらうため、
48ある入退園ゲートを6つ増設するほか、年間パスポートの本人確認に顔認証システムを導入します。

パークチケット購入場所では、初めて自動券売機を設置するほか、自動券売機やデジタルサイネージの
案内を多言語で表示し、海外からの来園者にもわかりやすくしていきます。
改修工事は2018年4月ごろから順次開始、2020年春(予定)にオープン予定
(※2019年春より一部オープン予定)です。

また、新設する立体駐車場は地上3階建ての予定。
工事は2017年度中に開始し、2019年度(予定)に導入します。


 
posted by ショコラ at 06:02| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

キタサンブラック、“ジャパンC”落鉄で無念3着!武豊「残念 これも競馬」

国内外のG1馬9頭が集結した「第37回ジャパンC」(G1、芝2400メートル)が26日、
東京競馬場11Rで行われ、史上2頭目の連覇に挑戦した武豊騎手騎乗の1番人気
キタサンブラック(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)は3着に終わりました。
5番人気シュヴァルグランが優勝しました。

ハナに立ってマイペースで運び、直線半ばまで先頭をキープしましたが、最後はシュヴァルグラン、
レイデオロの切れ味に屈しました。鞍上の武豊騎手は
「残念です。楽に先手を取れるようなら行こうと決めていたし、レース自体もいい内容だったと思う」
とがっかり。

また、レース後には左前脚の落鉄が判明。
「どこで落鉄したか分からないが、違和感はあったし、思ったほど伸びなかったので、
 落鉄したのかと思っていたが、その通りだった。これも競馬。次の有馬記念で巻き返したい」
と前を向いていました。

年内での引退&種牡馬入りが決まっており、予定通りならば有馬記念(12月24日、中山競馬場)が
ラストラン。過去2年3着→2着と好走している舞台でシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、
ディープインパクト、ウオッカに並ぶ歴代最多タイのJRA・G1通算7勝目に再度挑戦します。

1番人気キタサンブラックの連覇はなりませんでした。レース後には左前脚の落鉄が発覚。
陸上で言えば、スパイクが脱げたままの踏ん張りが利かない状態でしたが、それでいて
強豪相手に3着と奮闘しました。

スタンドで観戦した歌手の北島三郎オーナー(81)は、優勝を逃しながらも愛馬の走りに
「言うことなしです」
と納得の表情。
「落鉄していても、あれだけの走りができて。普通ならそのままレースにならなくなる。
 よく頑張った。半端なくこの馬は強い」
とたたえました。

次走の有馬記念が引退レース。勝っても負けても代表曲「まつり」の歌唱を予告しています。
この日は
「次は最後になるので、着に関係なく無事に走ってくれれば」
とコメントし、
「次は勝って『まつり』?」
の問いにはニヤリと笑顔。勝利締めを期待していました。


 
posted by ショコラ at 06:24| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB