人気ブログランキングへ

2017年08月01日

KinKi Kids・堂本剛、フェス2公演も欠席!サマソニ、イナズマ「回復に至らず」

KinKi Kidsの堂本剛さん(38)が今月19、20日に予定していた
「SUMMER SONIC 2017」、9月17日に予定していた
「イナズマロックフェス 2017」への出演を、突発性難聴による体調不良の影響で
キャンセルしました。1日、公式サイトなどで発表されました。

サマソニは19日がZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ、
20日が大阪・舞洲SONIC PARK、イナズマロックフェスは
滋賀・草津の烏丸半島芝生公園で行われます。

両フェスとも
「アーティスト本人の強い希望もあり、治療の経過を待って出演の調整を行っておりましたが、
 ライブを行うまでの回復に至らず、担当医師の判断により、やむを得ず
 出演を見送らせていただくことになりました」
としています。

剛くんは、左耳の突発性難聴を発症し、6月27日に入院。7月4日に退院しました。
6月28日のテレビ東京「テレ東音楽祭2017」、7月1日の日本テレビ
「THE MUSIC DAY」を欠席。同15日に行われたKinKi Kidsの
デビュー20周年イベントはステージ出演は中止され、生中継映像にギターやダンスで
参加しました。

同20日には文化放送の特番
「Youたちいよいよハタチだね!〜KinKi Kidsどんなもんヤ!
 3時間生放送スペシャル!〜」に生出演。
左耳の状態ついて
「ご覧の通り、特に治っていない。あと1週間は爆音禁止」
と語っていました。

9月1〜3日には京都・平安神宮でソロライブが予定されています。


 
posted by ショコラ at 21:33| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本潤『6月で“エリエール”CM契約終了していた』濡れ場「気持ち悪い」とも

嵐・松本潤さん(33)がイメージキャラクターを務めてきた大王製紙のブランド「エリエール」の
広告契約が6月末で終了していたと、1日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が伝えています。

赤ちゃん用オムツ「GOO.N」をはじめ、同ブランドのCMに2010年から出演してきた松潤。
だが、今月に入り、公式サイトから松潤の画像が消滅。
多くの嵐ファンがこれに気付き、ネット上でも騒ぎになっています。

「ジャニーズの公式サイトには、1日現在もCM出演情報に同ブランドの名前が明記されたままと
 なっており、ファンが混乱。このまま契約が終了してしまうのではと心配するファンたちが、
 大王製紙に継続を懇願するハガキを送っているようです」(芸能記者)

しかし、同誌によれば、契約は既に終了。
最後の更新は昨年11月だったといいますが、半年や1年契約が基本の広告契約において、
8カ月での契約終了というのはあまり聞いたことがありません。

「AV女優・葵つかさと4年間、肉体関係にあったと報じられて以降、松本は“飲尿”キャラが定着。
 その原因は、葵が過去に『彼氏に自分の尿を飲ませるのが好き』と発言したとの情報がネット上で
 拡散されたためで、オムツのCMキャラクターを務める松本を茶化す声が相次いでいました」(同)

さらに、葵さんはレギュラー出演中のバラエティ番組『マスカットナイト・フィーバー!!!』
(テレビ東京系)で、
「夜中でも電話1本で駆けつけるよ」
「私すご〜く都合のいい女なの。だからスルだけしたら、すぐに帰ってあげるね」
と二股報道を彷彿とさせる発言を連発。
さらに、
「もうアソコが“じゅんじゅん”いってる」
と松潤の名前を掛けたような発言も。

「松本のイメージダウンは著しく、昨年首位に輝いた同誌の『抱かれたい男ランキング・ジャニーズ部門』
 でも、今年は8位に転落。『抱かれたくない男』ランキングでは、ゲスの極み乙女。・川谷絵音を
 上回る9位にランクインしてしまった」(同)

松潤といえば、10月公開予定の主演映画『ナラタージュ』で、ヒロインの有村架純さんと
濃厚なセックスシーンに挑んでいます。

「今月、その一部が公開されると、ネット上では松本に対し『気持ち悪い』と不快感を訴える
 女性が続出。嵐のセクシー担当は、今や“変態”のイメージに変わってしまったようです」(同)

現在、キリンビバレッジ「午後の紅茶 おいしい無糖」や、明治「きのこの山」などの
CMに出演中の松潤。いつ契約が切られてもおかしくない状況なだけに、
ファンも気が気でないでしょう。


 
posted by ショコラ at 21:13| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

May J.、初のフルオーケストラ公演開催!

May J.が11月5日(日)に東京文化会館 大ホールで初のフルオーケストラ単独公演を
行うことが決定しました。

<May J. Premium Concert 2017 〜Me, Myself & Orchestra〜>と題された
本公演では、May J.自らが選曲した「Let It Go」や「My Heart Will Go On」、
「Sparkle -輝きを信じて-」のほかに、スタンダード名曲の数々がオーケストラの
ダイナミックな響きとともに披露される予定です。

May J.はこの公演について
「大好きな作品たちがオーケストラサウンドによって、新しい生命となって誕生する。
 貴重な瞬間を皆さんと共に楽しみたい」
と語っています。
チケットの先行発売は8月9日(水)、一般発売は9月9日(土)よりスタートします。

<May J. Premium Concert 2017 〜Me, Myself & Orchestra〜>
日程:11月5日(日) 14:00 開場/15:00 開演
会場:東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分)
出演:May J.
指揮:栗田博文
管弦楽:東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
チケット:6,800 円(税込・全席指定)※特製プログラム&特製オペラグラス付、未就学児入場不可
主催:ビルボードジャパン
後援:米国ビルボード、TOKYO FM

プレイガイド先行
【キョードー東京先行受付】http://kyodotokyo.com
8月9日(水)11:00〜8月20日(日)23:59
【チケットぴあ プレリザーブ受付】http://t.pia.jp/(P コード:341-405)
8月9日(水)11:00〜8月20日(日)23:59
【ローソンチケットLencore カード・プレリクエスト】http://l-tike.com/(Lコード:73015)
8月11日(金・祝)15:00 〜 8月20日(日)23:59
【イープラス プレオーダー受付】http://eplus.jp/
8月9日(水)11:00〜8月20日(日)23:59
【楽天チケット先行受付】http://r-t.jp
8月9日(水)11:00〜8月20日(日)23:59

チケット一般販売 2017年9月9日(土)開始


 
posted by ショコラ at 13:34| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドラえもん展 TOKYO 2017」村上隆氏らアーティスト28組が一堂に集結!

「あなたのドラえもんをつくってください」。
そんな呼びかけに答えた28組のアーティストが描き作り上げたドラえもんが11月、東京に出現します。
東京都港区の六本木ヒルズ52階にある森アーツセンターギャラリーで、2017年11月1日から
2018年1月8日まで開催の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。

現代美術家の村上隆さんや奈良美智さん、カワイイ文化を世界に発信している増田セバスチャンさん、
漫画家のしりあがり寿さんといった多彩な才能が集い、それぞれの思いを込めたドラえもんを
さまざまな形で表現します。

「現代美術の文法と漫画とをどこまで近接させられるか、ドラえもんはいかに偉大であったかを、
別ジャンルの人間がどう読み解くかがお題」。
7月31日に六本木ヒルズで開かれた「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の発表会見に
ビデオメッセージを寄せた村上隆さんは、子供から大人まで幅広い世代に人気があって、
世界でも知られた漫画の「ドラえもん」にアーティストが挑む展覧会の意味をこう話しました。

2002年に開催された「THE ドラえもん展」にも作品を寄せた村上隆さんが、15年ぶりとなる
今回の展覧会に寄せるのは、巨大なパネルにびっしりとドラえもんやのび太、しずかちゃん、
ジャイアン、スネ夫といった「ドラえもん」世界のキャラクターと、村上隆さんを象徴する
「苦笑いをした」花を散りばめた絵画作品。
もっとも、当初は構想がまとまらず、作品を読んだりアニメーションを
ビデオ鑑賞したりして思案を重ねたといいます。

その結果、「藤子・F・不二雄先生を入れてみました」。
そうすることで村上隆さん独特のモチーフとドラえもんの世界観が拮抗し、
「藤子・F・不二雄先生の世界を壊さずに済む」と考えました。

作品を見る人はどこに藤子・F・不二雄さんがいて、それが作品にどういった効果を
もたらしているかを考えてみるのも良さそうです。

美術史家で明治学院大学教授の山下裕二さんが監修を務め、アーティストの選定にも当たった
「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」には、村上隆さんのように前回も出品したアーティストのほか、
新たに作品を寄せるアーティストが大勢います。
そのひとりが増田セバスチャンさん。
原宿を拠点に日本のカワイイ文化を世界に発信し続けているクリエイターですが、
「人生で1番衝撃を受けた漫画が『ドラえもん』でした」と明かしました。

「絵を描くのが好きな少年で、学校でいちばんドラえもんがうまい人」と、子供の頃に
ドラえもんも描いていたことを明かした増田セバスチャンさん。
カワイイという若者向けの文化を生み出し続けられる背景にもドラえもんがあるらしく、
「大人になるに連れて忘れてしまう自由で色々な表現があることを、
 ドラえもんを通して持ち続けることができます」
と話しました。
展覧会には映画「のび太のドラビアンナイト」をモチーフにし、高さが2mを超える
カラフルなドラえもんのぬいぐるみを寄せる予定。

7月31日の発表会見にも、作品を寄せるアーティストが登壇しました。
ひとりは漫画家で「真夜中の弥次さん喜多さん」などの作品があるしりあがり寿さん。
「うれしかった」と参加できたことを喜び、
「アニメを作りたいと思っています。この時代に社会がドラえもんに求めているものは何だろう、
 あのポケットから出してほしいものは何だろうといったことをアニメにしたい」
と構想を語りました。

もうひとりの西尾康之さんは、独特の形状を持った彫刻作品を作ることで知られています。
「希有な体験です」とこちらも参加できたことを喜び、
「立体物にプロジェクションマッピングで映像を投影したい」
と話しました。

過去の西尾康之作品にはなかった表現を使い、自分にとってドラえもんは人間なのか
ロボットなのかといった、ずっと抱いてきた疑問を形にして見せることになりそう。
そんなしりあがり寿さん、西尾康之さんは発表会の場でそれぞれドラえもんを絵に描いて、
自分たちの思い入れを見せてくれました。

作品を寄せるアーティストには、ほかに会田誠さん、蜷川実花さん、福田美蘭さん、
鴻池朋子さん、山口晃さんといった著名な人たちがいる一方で、自身をモチーフにした
キャラクターが登場するアニメーション作品で名を知られ始めているシシヤマザキさん、
美大などで専門教育を受けず、独学で習得した圧倒的な技術を繰り出し、幻想的なビジョンを描く
近藤智美さんらが挙がっています。

近藤智美さんは、映画「のび太の鉄人兵団」の鏡面世界を2枚の絵画をつなぎ合わせて
表現する予定。映画を見た人なら感じる驚きがありそうです。

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は2017年11月1日から2018年1月8日まで、
森アーツセンターギャラリーで開催。
開場時間は10:00から20:00で火曜日は17:00まで。観覧料は以下の通り。

当日
前売り・団体
一般 1800円・1600円
中学生・高校生 1400円・1200円
4歳〜小学生 800円・600円

8月1日から20日までは早割ペアチケットを発売、一般+4歳〜小学生で1600円、
一般+中学生・高校生で2200円、一般+一般で2600円と通常の前売り券より600円お得になります。
村上隆オリジナルクリアファイルセット券、ドラえもんフィギュアセット券もあって
8月21日から10月31日まで発売します。
詳細は公式ホームページで。


 
posted by ショコラ at 13:28| Comment(0) | イベント・贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hey! Say! JUMP、ベストアルバムが首位獲得&アルバム自己最高売上をマーク!

Hey! Say! JUMPの今月26日に発売されたベストアルバム『Hey! Say! JUMP2007-2017 I/O』が、
発売初週に29.7万枚を売り上げ、今週発表の最新8/7付オリコン週間アルバムランキング
(集計期間:7/24〜7/30)で初登場1位を獲得しました。

同グループのアルバム1位獲得作品数は通算6作目で、1stアルバム『JUMP NO.1』
(2010年7月発売:累積19.0万枚)から6作連続となります。
また今作は、発売初週にして前作『DEAR.』(2016年7月発売)の累積売上29.6万枚を上回り、
アルバム自己最高売上をマークしました。

今作は、今年11月に10周年を迎えるHey! Say! JUMPにとって初のベストアルバムとなります。
タイトルに掲げられている「I/O」(インプットアウトプット)をテーマに、過去10年のシングル曲を
網羅しているほか、通常盤にはボーナストラックとして10周年のために制作した新曲2曲も
収録されています。


 
posted by ショコラ at 06:54| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GLAY、当日告知ライブに1万人集結!

人気ロックバンド・GLAYが31日、東京・江東区の青海南臨時駐車場でアルバム
「TOKYO SUMMERDELICS」の発売記念フリーライブを行いました。

この日は、99年に千葉・幕張に20万人を集めた野外ライブ「GLAY EXPO」を
開催した記念日。事前告知は「都内某所」だけで、会場を公表したのは開演5時間半前という
サプライズライブでしたが、約1万人のファンが集結しました。

18年前と同じ青空の下でGLAYサウンドを響かせました。
20万人ライブは今も日本の音楽史上最多動員を誇り、7月31日はファンから
“GLAYの日”と呼ばれるようになりました。

ステージに立ったボーカルのTERUさん(46)は
「20万人ライブから18年がたち、こうやって、また野外で、この日にできるとは思わなかった。
 本当にありがとう!」。
炎天下のファンを気遣いながら、喜びをかみ締めていました。

フリーライブは12年の神戸ワールド記念ホール以来。
野外では09年の横浜みなとみらいで開催して以来8年ぶりで、都内では初めて。

ステージでは、2年半ぶりとなった新アルバム収録曲だけでなく、18年前も披露した
代表曲も織り交ぜました。TERUさんが
「色あせることなく、より一層、たくさんのGLAYファン、音楽ファンのみんなから
 愛情を注いでもらって成長した曲」
と振り返る「HOWEVER」や「彼女の“Modern…”」など7曲でファンを熱狂させました。

アルバムは、オリコン週間チャートで4年半ぶりの首位も獲得するなど人気は根強い彼ら。
9月から23万人の動員を見込む全国ツアー(11か所23公演)をスタートさせます。
「いろいろと準備していることがある。ライブだけじゃなく、来たら楽しめる場所も提供できたら」
とTERUさん。ファンを楽しませる姿勢を大切に、今後も走り続けます。


 
posted by ショコラ at 06:29| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三代目・岩田剛典、芥川賞作品で主演「新たな姿見せる」

EXILE、三代目J Soul Brothersのパフォーマーで俳優の岩田剛典さん(28)が、
芥川賞作家・中村文則氏の同名小説が原作の映画「去年の冬、きみと別れ」(来春公開、瀧本智行監督)
に主演することになりました。

14年に「本屋大賞」にノミネートされた作品。
初めて挑む本格派サスペンスで、俳優として新境地を切り開きます。

主演3作目で真価を見せる絶好の機会が巡ってきました。
昨年、初主演映画「植物図鑑」で報知映画賞新人賞を受賞した際、
「賞に見合う表現者になっていく」
と俳優としての覚悟を語っていました。

来年は主演2作目の「パーフェクトワールド」の公開も控えますが、
難解なストーリーから実写化が難しいと言われた今作は、恋愛色の濃い2作とは一線を画します。
「これだけ重厚感のある作品に、まだ出会っていなかった。自身にとってチャレンジ。
 その分、得るものも大きいと感じる」
と高揚感を持って撮影に臨んでいます。

演じるのは、盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介。
パフォーマーとしては音楽シーンを席巻してきましたが、演技の世界では、まだまだ“若手”。

「全てを懸けて臨まないと演じられないと感じるくらい、複雑かつ、やりがいのある役どころ。
 きっと見たことのない俳優としての新たな姿を見せられると感じている」。
撮影を重ねるごとに自身でも成長を実感しているよう。

共演は、耶雲の婚約者役の山本美月さん(26)、週刊誌の編集者役の北村一輝さん(48)のほか、
斎藤工さん(35)、浅見れいなさん(34)ら。

 
 
posted by ショコラ at 06:23| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桐谷美玲、始球式!「届くと思わなかったので、びっくりしました」

「Y!モバイル」のCMに出演しているタレントの桐谷美玲さんが7月31日の
ソフトバンク−日本ハム(東京ドーム)で始球式を務めました。

初体験ながら、見事なノーバウンド投球。
「届くと思わなかったので、びっくりしました。こんなに素晴らしい場所に立って
 いいのかなってドキドキしたけど、温かく見守っていただけてよかったです」
と感激していました。

事前にサファテに投げ方を指導されて
「ボールの握りから教えてもらいました」
と感謝。

ソフトバンクが主催する毎年1度の東京での「鷹の祭典」で、
選手と同じ赤のストライプのユニホームを着て登場しました。


 
posted by ショコラ at 06:17| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスケ女子、日本代表が帰国!ホーバスHCはアジア杯3連覇に「自信があった」

7月23日から29日にかけてインドのバンガロールで開催されたFIBA女子アジアカップ2017。
2013年、2015年に続く優勝を達成した女子日本代表が帰国し、31日に都内で優勝記者会見を
行いました。

日本バスケットボール協会(JBA)の田中博道専務理事は
「大黒柱である渡嘉敷(来夢/JX-ENEOSサンフラワーズ、シアトル・ストーム)選手は
 (WNBA参戦のため)欠場、キャプテンの吉田亜沙美(JX-ENEOS)選手はケガのため途
 中から出場を見合わせるという厳しい状況の中で、選手12名、スタッフ12名の24名全員で
 勝ち取った優勝だと思います」
と述べ、大会3連覇の偉業を称えました。

JBA技術委員会委員長の東野智弥氏は、最終ピリオドに0−9のランを許しながらも拮抗した展開に
持ちこみ、1点差で勝ちきったオーストラリアとの決勝戦について言及。

「20年以上コーチをやってきたが、そんな簡単な試合ではない。あのゲームに勝つとは・・・」
と、チームの底力を称賛しました。続けて、
「3カ月半という長い合宿で17試合をこなして、浮き沈みがありながら、大会にピークを
 持っていくことができたのは素晴らしい。この結果は非常に大きい」
と、トム・ホーバスヘッドコーチをはじめ、チームのコンディション作りに尽力した
スタッフの手腕を高く評価しました。

日本を率いたホーバスHCは、大会前の取り組みが3連覇につながったと明かしました。
「長い間、一生懸命練習して、アメリカ、ヨーロッパ遠征もした。こういった大会に臨むには、
 いろいろなタイプのチームと試合をする必要がある。相手には身長のあるチームもいるし、
 速いチームもいる。様々なチームと試合をすることで、このチームには答えがあると思った。
 その答えを持って大会に臨んだので、自信があった」

ケガにより準決勝の中国戦から欠場を強いられたものの、若手にアドバイスを送るなど、
最後までチームを支え続けた吉田選手は、
「トムHCの『3カ月半、長い旅の最終目的地はアジアチャンピオンだ!』という言葉どおり、
 アジアチャンピオンになりました。この大会で優勝できて、ようやくスタートラインに
 立つことことができたと思っています。2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ、
 2020年東京オリンピックに向けてがんばっていきたいです」
と、力強く抱負を語っていました。


 
posted by ショコラ at 06:10| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB