人気ブログランキングへ

2017年05月08日

かわいすぎる「犬ぽんぽん」手芸本、異例の大ヒット!ふわふわ毛並み・リアル表情

書店で平積みされている表紙のかわいさに、思わず駆け寄ってしまいそう。
ふわふわの毛並みに、愛らしい表情。

これが手芸本としては異例の大ヒットを記録している「動物ぽんぽん」のシリーズ。
駆け寄ってしまったのは、trikotri/黒田翼さんの「犬ぽんぽん」
(誠文堂新光社刊、1200円+税)。
表情豊かな犬の顔を、毛糸を巻いた「ぽんぽん」で作ろうという手芸の本です。

昨年2月に1作目「動物ぽんぽん」が出ていますが、こちらは発行部数
14万3000部の大ヒットとなっています。
ぽんぽんの題材を犬だけに絞った、こちらの「犬ぽんぽん」も発売2カ月で3刷5万部と好調。

ぽんぽんになったポメラニアン、シベリアン・ハスキー、チワワ、シバイヌなど、
23種31タイプの犬たちを見ているだけで楽しいもの。

毛糸をぐるぐる厚紙などに巻いて、真ん中を結んで切り開く「ぽんぽん」そのものは、
作ったことがあるという人も多いでしょう。

また、パーツで目を付けたり、耳の形に切ったフェルトシートをボンドで接着したりする
「ぽんぽん手芸」は以前からあり、ぽんぽん作り専用の用具「ポンポンメーカー」も
販売されていますが、黒田さんの作品の魅力は、ぽんぽんとは思えないリアルで精巧な
表現にあります。

黒田さんは東京芸術大学で油絵を専攻。
卒業後、手芸店に勤めていたときにぽんぽん作りを始めました。
「秋口になると、売り場で編み物など毛糸を使った体験会をやります。
 そういうときに、ぽんぽん担当になることが多くて」

最初は、ぽんぽん1個でできる羊や、2個つなげるだけのヒヨコなどを作っていたが、
シマリスのしま模様、柄があるスズメなどを実験的に作るうちに、より具体的な表現を
追求するようになったといいます。

2014年に制作したウサギ、シマリス、メンフクロウの「森の動物たちのぽんぽんブローチ」が、
「第1回ハンドメイド大賞」を受賞。
その後、「動物ぽんぽん」「犬ぽんぽん」が立て続けに刊行され、一気に人気作家となりました。
「動物ぽんぽん」はフランス、台湾、韓国でも翻訳されています。

黒田さんのぽんぽん作品の斬新さは、羊毛フェルトの技法を組み合わせたところにあります。
ふわふわの羊毛をフェルティングニードルという専用の針で刺して、耳などの形をつくりあげます。
鼻まわりの盛り上がりも、その針で周りから毛糸を刺すことで固さを出しています。
ぽんぽんを大胆にカットして、輪郭を整えるところも特徴です。

どの色を何回、ポンポンメーカーに巻いてグラデーションを出すか、巻き図にすべて
示されていますが、ベースとなるぽんぽん本体はできても、見本通りの表情を作れるかどうか。
「人それぞれの味わいが出て、楽しいですよ。普通の人でも、2〜3時間で作れると思います」
ぽんぽんの魅力は、
「手のひらに乗せたとき、軽いんだけど、みっちり、ずっしりしているところ」。

子供のころからの手芸好きで、ソーイング(縫い物)よりもクラフト系、作りながら形を
変えていけるものが好きだといいます。
「リアルさにこだわれば、どこまででもできる。どこでとどめるか、さじ加減が難しい。
 出版にあたっては、だれでも作りやすい仕組みを考えるのに苦労しました」

「犬ぽんぽん」刊行に合わせて、さまざまな犬の毛色や質感、模様を表現できる
ウール100%の中細毛糸(50色展開)もメーカーと相談して発売されたそうです。

「春夏になると、ウールの糸は売り場からなくなってしまう。1年中置いてもらえる
 手芸用の糸がほしかった。実現するとは思わなかったので、とてもうれしいです」

手芸店には、ぽんぽんコーナーが設けられるようになったといいます。
今後は、制作キットを発売する計画もあるのだとか。
「作り方をシェアすることで、みなさんを巻き込んで“ぽんぽん”が大きくなっていく。
 仕事としては最高に幸せ」

書籍シリーズとして刊行したい内容は、まだ何パターンかあるそうで、
「自分しか思いつかない表現、こんなものをぽんぽんで作ってみたいというアイデアを、
 本の形で残していきたい。そして、いつかは作品展ができたらいいなと思っています」
と語りました。

       犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物 -
犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物 -

       動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット -
動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット -

 

 
posted by ショコラ at 21:26| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉木麻衣、再び「Mステ」で階段を降りられない危機?!

5月12日(金)に放送される「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、
倉木麻衣さんがスマッシュヒット中の新曲「渡月橋 〜君 想ふ〜」をスペシャルVer.として、
再び披露することが決定しました。

4月12日にリリースされた同曲ですが、4月14日放送の同番組では初めてとなる
十二単姿での歌唱を披露。その際に価格は約800万円、総重量が約24kgにもなる
豪華な十二単を着てのパフォーマンスということもあり、ゲスト登場シーンで
恒例となっているオープニングの階段を降りられなかったことが、放送後にSNSやネットで
大きな話題となりました。

翌日の4月15日に公開となった人気アニメ映画の主題歌として、映画のスマッシュヒットと
「Mステ」出演での反響が相乗効果となり、レコチョクやmoraなど各配信サイトにて
4月度の1位を獲得。ミュージックビデオ(Short Ver.)は、YouTubeで早くも視聴回数280万回を
突破しています。

他の各配信サイトでも軒並み月間1位を獲得し、この動きや数々の話題性を受け、
4月26日付けのBillboard Japan Chartsでは初めての2位にランクインしました。

まさに新曲が絶好調の倉木さんですが、今回はその十二単を着て
「階段を降りられるのか?」にも再び大きな注目が集まりそう。
果たしてどのような出演、演出になるのか、放送を楽しみに待ちましょう。

その他、5月12日の「Mステ」出演者は、
スキマスイッチ大橋卓弥さん&トレンディエンジェル斎藤司さん、東京B少年、
西野カナさん、Flower、ゆずが出演します。


 
posted by ショコラ at 07:13| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山下智久、亀梨和也との友情を語る!「いつも亀は褒めてくれる」

俳優の山下智久さん(32)が7日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」で、
同じジャニーズ事務所のKAT-TUN・亀梨和也さん(31)との友情を語りました。

亀梨さんと山下さんは2005年の連続ドラマ「野ブタ。をプロデュース」で共演し、
ユニット「修二と彰」としての主題歌「青春アミーゴ」が大ヒット。
現在も連ドラ「ボク、運命の人です。」で共演している名コンビで、私生活でも
仲がいいことで知られています。

山下さんは
「ライバル視をすごいしてた時があるんですよ。高校生ぐらいの時で、『野ブタ』の前に、
 僕2年くらい口きかなかった時があったんですよ。はたち以降は仲いいんですけど・・・」
と説明。

亀梨さんとは
「『野ブタ』をやる前に、1回話し合いましたね」。
「一匹オオカミだった」という亀梨さんに、山下さんは
「一匹オオカミぶるな!みたいな。こっち来てくれよ!」
と語り掛けたといいます。

ちなみに
「亀は別に(山下が)嫌いとかじゃなくて。ただ、自分から話しかけたりとか
 寄り添ったりはしたくないタイプだったんですよね」
とのこと。亀梨さんからの要求も特になかったといいます。

亀梨さんの
「(これだけは直してほしいところは)いつも美形なところ。同性だけど、ふとした瞬間に
 山Pを見てドキッとさせられるから(笑)」
というメッセージが読み上げられると
「いつも亀は褒めてくれるんですけど。『タイプだな〜』とか。恥ずかしいんですけど。
 昔からそうで『山Pっていい顔してんな〜』とか」
と、ほほ笑ましいエピソードを笑顔で明かしていました。


 
posted by ショコラ at 06:53| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欽ちゃんのアドリブでドンとやってみよう!体張って“イズム”伝授

コメディアン・萩本欽一さん(76)が7日、都内のスタジオで、NHK・BSプレミアムの
コント番組「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」(17日から全4回)の収録を行いました。
若手からベテランまで、豪華な共演陣たちとアドリブ満載のコントを展開。

この日は俳優の仲代達矢さん(84)にコントに初挑戦させ、一方で若手には試練を与えて
成長を促すなど、“欽ちゃんイズム”を伝授するべく縦横無尽の活躍を見せました。

コント55号として活躍、「視聴率100%男」の異名を取るなど数々の伝説を
打ち立ててきた欽ちゃん。中尾明慶さん(28)、前野朋哉さん(31)、矢野聖人さん(25)ら、
自身の年齢の半分にも満たない若手俳優に、体を張った「アドリブの力」を指導しました。

若い人に自らの“イズム”を注入することには、生きがいと喜びを感じています。
これまでも数々の才能を見いだし、育ててきました。
「自分が思っていた感じの人じゃないな、と思っても、その人をどこかきちっとした所へ
 連れて行くというのに、スリルがあるんだよね」
と笑っていました。

前日の収録でコントに苦戦した矢野さんには、
「お前が間違えたんじゃない、俺が間違えたんだ。今日は、俺が真剣にお前のためにやるから」
と父のような瞳。

言葉通りにしっかりと笑いを生み出し、
「矢野は昨日は2点だったけど、今日は85点だったかな。大変さを乗り越えられなかったら
 伸びないんですよ」
と“大将”という呼び名にふさわしい指導力を見せつけました。

コント55号時代からファンという仲代は、欽ちゃんからのオファーに出演を即決。
コントに初挑戦し、
「“動きのアドリブ”で昔の喜劇役者はやってたんだと、若い人たちに教えている
 欽ちゃんが素晴らしいですよね」
と欽ちゃんを絶賛。

さらに
「アドリブ風に見せながら、いろいろ計算してやってるというのはお見通し。
 欽ちゃんは、チャップリンと同じような天才」
と分析すると、欽ちゃんは
「うれしいですね。素晴らしい一日でした」
と、幸せそうな笑みを浮かべていました。


 
posted by ショコラ at 06:45| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリプロスカウトキャラバン、20年ぶり男性も募集!

大手芸能芸能事務所ホリプロが主催する今年の
「ホリプロタレントスカウトキャラバン(以下TSC)」では、20年ぶりに
男性が応募対象になります。

TSCはこれまで、深田恭子さん(34)綾瀬はるかさん(32)石原さとみさん(30)ら
女優のほか、足立梨花さん(24)小島瑠璃子さん(23)ら多方面で活躍するタレントも
輩出してきました。

近年は毎回テーマを定め、女優、声優、タレント、モデル、歌手などを募集してきましたが、
今年のテーマは「気になるあの子」。

応募条件は、中学3年生から22歳までの発信力のある男女で、未婚であること。
それさえ満たせば誰でも簡単に応募できます。


 
posted by ショコラ at 06:27| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジカメ、自撮り対応が続々!インスタ投稿「より美しく」

自分自身を被写体にした「自撮り」の写真をSNSで共有することが、
若い世代の心をつかんでいます。こうした人気を追い風に、スマートフォン(スマホ)に
押されがちなデジタルカメラが続々と自撮りに対応し始めました。

写真を使った企画プロデュース会社を運営している女性(25)は、プライベートで
いつもコンパクトカメラを持ち歩いているといいます。
髪を切った時や友達と食事した時に、自分をパシャリ。
そんな何げない日常の写真を1日1枚程度、インターネット上に画像を投稿する
SNSのインスタグラムに載せています。

2010年10月に始まったインスタグラムは、写真がなくても投稿できるフェイスブックや
ツイッターなどのSNSと違い、写真が必須です。スマホを持つ若い世代を中心に人気が広がり、
国内では現在1600万人ほどが利用しています。

女性は、学生時代からプリクラを撮ったり交換したりすることで友人たちと
コミュニケーションをしてきました。今は、それをインスタグラム上でやっている感覚のよう。
設定によって写真を撮った時間や位置情報も公開できるため、撮ったその場ではなく
時間をおいて投稿するといった注意もしながら楽しんでいます。

「すてきな瞬間をすてきに撮れた写真が積み重なると、『私の毎日も意外と楽しい!』
 と思える。だから画像にもアングルにもこだわっていい写真が撮りたい」

その女性がスマホではなくデジカメを使う大きな理由は画質の良さ。
持ち歩いているカシオ計算機の「EX―ZR70」は特に肌を滑らかに、
かつ色白に自動調整する機能があるのが気に入っているのだとか。

カシオ広報によると、数百人の女性の顔の撮影データをもとに
「肌を滑らかにしつつ、顔の陰影はほど良く残し、立体感を保つ」
といった画像処理の技術を向上させました。

スマホにも画質を調整する機能やアプリがありますが、
「夜でも背景や人物の肌をよりきれいに撮れる」
など、カメラメーカーとしての強みがあるといいます。


 
posted by ショコラ at 06:23| Comment(0) | 携帯・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志「何かあったら“金スマ”出る」発言話題!中居正広への信頼からか

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんがコメンテーターを務めるフジテレビ系
「ワイドナショー」(毎週日曜/10:00〜)7日放送回にて、中居正広さん司会の
TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(毎週金曜/20:57〜)について言及。
視聴者の間で話題となりました。

今回、番組にはindigo la End/ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが出演。
一連の騒動の真相や思いなどを率直に語りました。

松本さんは、番組最後に川谷さんへ出演の感想を尋ね
「この番組が失敗した人の助けになればいいなあとは思っている」
と語り、
「僕が何か(騒動)あった時にどの番組が助けてくれるんだろうと思いますけど」
とコメント。

MCの東野幸治さんが、
「この番組(「ワイドナショー」に)出ていただいて、たっぷり喋っていただいて」
と笑いながら続けると、松本さんは
「この番組はあんまり助けにならないような気がするなあ」
とボケ、
「それだったら『金スマ』出るなあ、なんか助けになる気がするなあ」
と発言。

これを受け、
「金スマの方が優しそう」(東野さん)
「中居の方が親身に聞いてくれそう」(ヒロミさん)
とスタジオは盛り上がりを見せました。

この発言を受け、ネット上では視聴者から
「中居くん信頼度高いな」
「中居くんまたワイドナショー出てくれないかな」
「確かに中居くん優しく聞いてくれそうだもんね」
「中居くん見てたら嬉しいだろうなあ」
といった声があがっていました。

なお、川谷さんとの不倫騒動の影響で休業していたタレントのベッキーさんは、
昨年5月放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にてテレビ復帰。
同放送を見ていたという川谷さんは
「『金スマ』で全部喋っているのを聞いて、それで終わったんだなと実感した」
と語っていました。


  
posted by ショコラ at 06:16| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB