人気ブログランキングへ

2017年05月06日

部活指導者の国家資格検討!外部人材を積極活用へ

自民党は、学校の運動部活動のレベル向上や安全確保のため、
指導者の国家資格制度導入に向けた検討を進めます。

各種目で専門的技能を持つ外部人材を積極的に活用することで、指導内容を
充実させるとともに、教員の負担軽減につなげることも狙います。
年内に制度の骨格をまとめて政府に提言し、来年以降に関連法整備を経て
実現することを目指します。

国家資格は、教員と外部人材の双方が取得できることとし、合格者を
「スポーツ専門指導員(仮称)」に認定。
資格取得に当たっては、実技テストや研修を受けてもらうことを想定しています。

文部科学省は4月から、外部人材が指導や大会への引率を行うことができる
「部活動指導員」制度を導入しており、国家資格化により指導者の信頼性を高めたい考えです。

教員による部活指導は、長時間労働の要因の一つになっています。
さらに、
「専門外の教員が顧問に就いた場合、適切な指導ができない」
「教員の転勤で継続的な対応が難しくなる」
といった指摘もあります。
外部人材の活用には、こうした問題点を克服できる利点があります。


 
posted by ショコラ at 20:38| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波瑠、正体不明バンドMVに出演!主演ドラマ主題歌起用が縁

女優の波瑠さん(25)が、正体不明の新人バンド「神様、僕は気づいてしまった」の
デビュー曲「CQCQ」(31日発売)のミュージックビデオ(MV)に出演します。

TBSの主演ドラマ「あなたのことはそれほど」(火曜後10・00)の主題歌に
同曲が起用されている縁で実現。メンバー4人が仮面をかぶって激しく歌い演奏する
MVのクライマックスシーンに登場します。

波瑠さんは、2日放送の第3話でも、自分を正当化し不倫にはまっていく主婦を好演しました。
MVはドラマ放送前の3月27日に撮影し
「このような形で参加できて、貴重な時間となりました」
と感激しています。

MVはデビューシングルの初回限定盤にDVDで同封され、メーキング映像には
撮影の様子も収められます。


 
posted by ショコラ at 20:06| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野源、こだわったゆるい音楽番組「おげんさん」話題沸騰!

歌に舞台にドラマにラジオ。
さまざまな分野で大活躍の星野源さんが、初の冠音楽番組を4日に担当しました。
その名も「おげんさんといっしょ」(NHK総合、後10時50分)。

ある一家の母親・おげんさんに星野さんがふんして音楽を楽しむという内容でしたが、
放送から一夜明けても、ネット上には絶賛の嵐が吹き荒れています。
その不思議な魅力とはどこにあるのでしょうか。

人気者の星野さんが登場するとなれば、気合の入った音楽番組になる・・・かと思いきや、
世界観からして特殊でした。タイトルはNHKの「おかあさんといっしょ」をもじったものですが、
星野さんの衣装や、昭和時代を思わせるセットはアニメ「サザエさん」のよう。

さらに、おげんさんの夫役に高畑充希さん、長女役に藤井隆さん、さらに長男役に細野晴臣さんと
年代や性別を完全に無視。番組を進行するのはねずみのぬいぐるみで、人気声優の宮野真守さんが
担当するというスパイスも効かせています。

冒頭で歌った「SUN」では藤井さんが髪を振り乱して踊り、直後に星野さんが自撮りした
写真をツイッターに投稿しました。和気あいあいと楽しんだ後は、星野さんが敬愛するアーティストの
マイケル・ジャクソンについて熱く語り、「SUN」の一節「Hey J」の「J」がジャクソンの
Jだという逸話も披露しました。

さらに、憧れの人である細野さんと「絹街道」を歌い、締めくくりは大ヒット曲の「恋」。
ベースを細野さんが担当する豪華な生演奏で、深夜を意識し若干ゆったりとしたアレンジで
歌い上げました。恋ダンスも藤井さんと高畑さんが再現しました。

ギター弾き語りをした「老夫婦」を含めて1時間で楽曲は4曲。
視聴者からのくしゃみの投稿動画を楽しんだり、「うまそーを見よう」という美味しそうな
料理の画像を見てトークをする、という深夜番組ならでは、な企画もあえて入れました。

「ミュージックステーション」や「SONGS」のような、本格的な演奏や歌を詰め込んだものとは
異なる構成でしたが、視聴者の満足度は極めて高く、放送直後からツイッターには
「#おげんさん」のハッシュタグとともに、
「もう終わってしまった」、「シリーズ化よろしくお願いします」
といった“また見たい!”の声が多数上げられていました。

この“ゆるくて楽しい”番組の魅力はエンディングに星野さんが発した
「間違ってもいい音楽番組がやりたかった」という言葉に集約されています。
自身のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の2日深夜放送回では、
「おげんさん」にかける意気込みをこう語っていました。

「リハーサルでいろいろやってる時に起きるような。間違っちゃってるんだけど、
 なんかこれいいね、みたいな。そういう空気感のある音楽番組をやってみたい」

くしゃみや料理についてのトークは、確かに楽屋にいるかのようでした。
セットには「とと堂」、「YELLOW MAGIC」、「麻モ飯店」と出演者に関連した
看板を並べる手のかけようで、1回限りにしてしまうのはもったいないと思わせる
作り込み要素も多数。星野さんのこだわりが詰まったゆるい音楽番組、次回はいつになるのでしょうか。


 
posted by ショコラ at 06:45| Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB