人気ブログランキングへ

2016年06月30日

藤井フミヤ、長男のアナ志望に反対していた!国鉄職員だったことも告白!

歌手、藤井フミヤさん(53)が、29日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」
(水曜後11・0)に出演。

「藤井フミヤの生まれて初めて聞かれました」
と銘打った番組で、フジテレビに今年入社した長男のことや、チェッカーズに入る前に
国鉄職員だったことを初告白しました。

フジテレビに今年入社した長男の藤井弘輝アナウンサー(24)の話で、山口達也さん(44)に
「共演はまだですか?」
と聞かれると、
「ないでしょ。フジの音楽番組はミュージックフェアしかない」
と答えました。

「FNS歌謡祭がある」とメンバーから突っ込みが入ると、藤井さんは
「FNS歌謡祭やミュージックフェアで司会になれるわけない」
と長男をバッサリ。

さらに
「俺たち両親は、アナウンサーになることを反対したんだよ。面倒くさそうだもん、オレが面倒くさい」
と、長男のアナウンサー志望を反対していたことを明かしました。

他にも、フジの入社式に出ないことを長男に告げると怒られたことや、父母の社内見学に
参加したことを告白。TOKIOのメンバーを含め、爆笑の渦となりました。

続けてリーダーの城島茂さん(45)に
「国鉄(現JR)の職員だったんですか?」
と聞かれると、藤井さんは
「デビュー前、1年ちょっとくらいやってたかな」
と告白。

「鳥栖駅の操車場で貨車に飛び乗って連結したり、(長崎の)早岐駅でブルートレインをつないでいた」
と仕事内容を説明。父親が国鉄職員で、周囲も国鉄関係者が多かったため、疑問を抱かずに
仕事を選んだということでした。

当時は彼女(現在の妻)が東京に住んでいて遠距離恋愛をしていたため、国鉄を辞めたといいます。
「カンテラ持って、冬の誰もいない雪の降るホームで、東京と書かれた電車が赤いテールランプと
 ともに雪の中に消えていく・・・。あー東京に行きてぇ。(仕事)辞めよう」
と思ったのがきっかけだっといいます。

藤井さんは
「このまま、ここにいたら俺の人生レールみたいだな。やっぱり東京行こうと思った」
と、当時の心境を振り返っていました。

当時は音楽活動もしていましたが、
「プロになるつもりはなかった。彼女もほかの就職先を探してくれていた。
 デザイン系事務所のアシスタントをね」と告白。

「その彼女とは?」の問いに
「今のかみさんになっている。だから堂々と話せる」
と純愛を語りました。


 
posted by ショコラ at 21:36| Comment(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB