人気ブログランキングへ

2016年01月31日

ジョコビッチ、マレー倒し、エマーソンに並ぶ歴代最多の全豪6勝目!

「全豪オープン」(本戦1月18〜31日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の
男子シングルス決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのノバク・ジョコビッチ
(セルビア)が第2シードのアンディ・マレー(イギリス)を6-1 7-5 7-6(3)で破り、
2年連続6度目の優勝を果たした。試合時間は2時間53分。

ジョコビッチとマレーはともに1987年5月生まれの28歳。
両者の対戦は2006年から今回で31度目でしたが、この結果でジョコビッチが
22勝9敗とリードを広げました。

全豪での5度の対戦は、いずれもジョコビッチの勝利に終わっています。
昨シーズンは7度顔を合わせ、ジョコビッチが6勝を挙げていました。

ジョコビッチは全豪では、1960年代に活躍したロイ・エマーソン(オーストラリア)に並ぶ
歴代最多の6勝目。グランドスラムではウィンブルドンで3回(11年、14〜15年)、
全米オープンで2回(11年、15年)の優勝を飾っており、ロッド・レーバー(オーストラリア)と
ビヨン・ボルグ(スウェーデン)に並ぶ歴代5位の11度目のタイトルを獲得しました。

マレーは全豪では2011年、13年、15年に続いて4度目の決勝進出でしたが、今回もタイトルに
手が届きませんでした。


 
posted by ショコラ at 21:32| Comment(0) | バスケ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安いプロバイダーGMOとくとくBB